注意とお願い

記事やコンテンツを楽しむ際の注意とお願い

コメントについて

意見や、指摘や、引用などは基本的には大歓迎です。

しかし、伝えたい内容が同じでもあまりにも攻撃的であったり、過激な表現の場合、僕がヘコみますし、関係する方々に迷惑がかかる場合があるので、その点はご配慮いただけるとありがたいです。

情報の正確性と取り扱いについて

記事や動画などコンテンツ内で発信する情報が、必ずしも正しいものだと思わないでください

もちろん、少なくとも現時点で僕が考えられる限りの「良さそうな考え」「有益な情報」をお伝えしたいと思っていますが、“どんな条件下においても100%正しい話”をすることは人間には無理です。(少なくとも今のところ僕はそういう考えです)

個人的に、「何事も批判的に捉えて、色々な情報と照らし合わせて考えること」が大切だと思っています。

使えそうな情報は使い、使わない方が良さそうな情報は使わないでください。

また、コンテンツを見たことによって起きた不具合や問題には一切責任を負えません。

ここで得た情報をどう活用するかは自己責任でお願いいたします。

作品の主義・主張について

作る作品や歌詞などに含まれる主義・主張は、必ずしも個人的な思想・信条と一致するわけではありません。

たとえば、世界征服を掲げる敵キャラクターが登場するマンガの作者が「世界征服をしたい」と思っているかというと必ずしもそうではないと思います。

あくまでもコンテンツとして楽しんでいただけると幸いです。

うれしい応援について

KHUFRUDAMO NOTESを応援してくれている方々へ。いつもありがとうございます。

以下では、やってもらえるとうれしい応援の仕方についてまとめています。

「応援」はうれしい

クリエイターにとって応援は最高のエネルギー源といっても過言ではありません。

応援コメント1つでも、創作へのモチベーションは段違いになります。

この記事では、具体的に「どのように応援をしてもらえるとうれしいか」をまとめてみました。

うれしい応援の仕方

楽曲やコンテンツにお金を出してくれる。

楽器や機材、編集ソフト、創作をする時間を捻出するため などなど…

創作活動をするにはお金が必要です

だから、お金を払っていただけることは創作活動をする人に対して最大の貢献であると思います。

また、お金を払ってコンテンツを買ってもらえることは、自分の生み出す創作物の価値を正当に認めてもらえたということなので、気持ちの面でもとてもうれしく、モチベーションに繋がります。

ちなみに、現時点では僕の作品はiTunesなどbandcampで購入することができます。

各種配信サービスでオリジナル曲を聴いてくれる。

SpotifyApple MusicYouTubeなどで配信しているオリジナル曲を聴いてくれることも、とてもうれしいことです。

より多くの人に届いている実感を得ることでうれしい気持ちになりますし、正規ルートでコンテンツを利用してもらうことで収益を得ることができるので、そういう意味でも応援になります。

まだチェックしていないよという方は↓こちらからどうぞ!

FRUIT BASKET by KHUFRUDAMO NOTES
アルバム • 2018年 • 11曲 • 43分
DECADE by KHUFRUDAMO NOTES
アルバム • 2020年 • 19曲 • 70分

ブログ記事や動画を見てくれる。

曲を聴いてくれることもそうですが、コンテンツというのは、誰かに受け取ってもらって初めて本当の意味で完成すると思っています。

できるだけ皆さんに喜んでもらえたり有益になったりすることを発信・創作していきたいのでよろしくお願いいたします。

オリジナル曲やコンテンツをSNSや口コミで広めてくれる。 

作ったものは基本的にたくさんの人に届いてほしいと思うのがクリエイターというものです。

自分が「良いな」と思ったことを、自分の中で留めておきたい人がいるのも分かります。

ただ、”応援”という意味では記事や動画や音楽をシェアしてくれると、とてもうれしいです。

でも、誰しも好き嫌いがあると思うので、周りの人に嫌がられない程度にお願いします。笑

その他の支援方法

こちらから投げ銭ができるので、よければお願いします。https://www.paypal.me/khufrudamonotes/500jpy

※↑リンクに飛んでもすぐに支払いが起こるわけではありません。

※金額は自由に設定できます。


また、こちらは音楽制作に使用する備品等のリストです。

普段よく使うものなので、贈っていただけるとありがたいです。

いつもありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました