オススメのCubaseショートカット

音楽理論・DTM関連

オススメのCubaseショートカットを紹介します。

元から設定されているものと、僕が割り当てているもの両方紹介します。

自らの忘備録も兼ねているので、ちょくちょく更新します。

 

独自のショートカットの割り当ては、

メニュー → ファイル  →  キーボードショートカット

から設定できます。

基本的なこと

他のソフトウェアでも使うような基本的なショートカット

上書き保存

[Ctrl] + [S]

途中でCubaseが落ちて作業内容が無駄になるほど悲しいことは無いです。笑

オートセーブ

僕は、これに加えて10分に1回オートセーブされるように設定しています。

オートセーブは、「環境設定 (Preferences)」ダイアログを開き、「全般 (General)」を選択して「自動保存 (Auto Save)」オプションをオンにすれば設定できます。

ズームイン・ズームアウト

[H]:ズームイン

[G]:ズームアウト

[Shift]+[H]:垂直方向へズームイン

[Shift]+[H]:垂直方向へズームアウト

コピー

[Ctrl]+[C]

切り取り

[Ctrl]+ [X]

貼り付け

[Ctrl]+[X]

連続コピー

[Ctrl]+[D]

基本は、[Ctrl] +[C]でコピーして、[Ctrl]+[D]で貼り付けることが多いですよね。

しかし、ドラムのリズムパターンなどは、同じものを何回もコピーすることになるので連続コピーを使った方が圧倒的に早いです。

録音を開始

[R]に割り当てています。

いちいち画面上で録音ボタンを押さなくていいのでラクです。

メトロノーム

[C]

メトロノームのオンオフができます。地味に便利です。

レガート

[l]に割り当てています。

MIDIで打ち込んだMIDIノートの音価を、次のMIDIノートまで伸ばします。

シンセパッドの音などをMIDIキーボードで打ち込んだ後に使うと、一瞬でギャップが埋まるので便利です。

クオンタイズ

[Q]

MIDIキーボードで打ち込んだMIDIノートのタイミングを、指定したグリッドへクオンタイズできます。

長さをクオンタイズ

[Alt] + [Q]に割り当てています。

MIDIキーボードで打ち込んだMIDIノートの長さを、指定したグリッドに近いところにクオンタイズできます。

クオンタイズ値の変更

クオンタイズの値を1/16から1/8へいちいちマウスで変更するのは面倒ですよね。

それをショートカットで順番に切り替えられます。

(3連符へのクオンタイズは、1/128の次になっています。)


[Shift]+[Q]

前のクオンタイズを選択

[Shift]+[W]

次のクオンタイズを選択

クロスフェード

[X]

選択したオーディオトラック同士にクロスフェードをかけます。

間が空きすぎているとかかりません。

ベロシティの変更

MIDIノートを選択して、選択したいずれかのMIDIノートの上にカーソルを合わせながら[Shift]+[Ctrl]を押すと、カーソルがスピーカーのようなマークになるはずです。

その状態でマウスで上下すると、MIDIノートのベロシティを、簡単まとめて変更することができます。

移調・オクターブ移動

MIDIノートを選択しながら矢印キー上下で、MIDIノートを半音ずつズラせます。

移調やハモリを作るときなど便利です。

また、[Shift]を押しながら矢印キー上下でオクターブ移動させることができます。

「ちょっとこのフレーズシンセでオクターブ重ねたいな…」といった時に重宝します。

フェードエディターを開く

[E]に割り当てています。

フェードの変化を細かく設定できます。

マーカー関連

マーカーを設定すると、設定した場所に瞬時に移動できるので便利です。

マーカートラックを入れておくと、どこにマーカーがあるか確認しやすいです。

マーカーを挿入して名前をつける

[Ctrl]+[N]に割り当てています。

サイクルマーカーへ移動

「サイクルマーカーへ移動」:それぞれShift + 1〜9

mixコンソール

“スタジオ”から開けますが、面倒くさいのでショートカットを割り当てています。

[Alt]+[1]:MixConsole1を開く、閉じる

[Alt]+[2]:MixConsole2を開く、閉じる

[Alt]+[3]:MixConsole3を開く、閉じる

オーバーラップを解消(ポリ・モノ)

[Ctrl]+[P]に割り当てています。

モノ:打ち込んだ時に、MIDIノート長が重なってしまった部分を解消できます。

[Ctrl] +[M]に割り当てています。

ポリ:コピペなどで同じ高さのMIDIノートが誤った重なりを解消できます。

Audio処理

Audio→処理 から色々なオーディオ処理ができます。

よく使うものはショートカットを設定しています。

リバース

[Ctrl]+[R]に割り当てています。

オーディオトラックを、リバース再生させたオーディオトラックにできます。

ピッチシフト

[P]に割り当てています。

ピッチシフト処理を素早く行えます。

途中で小節の追加・削除したくなった時

曲を作っている途中で

AメロとBメロの間に1小節増やしたい」とか、

ソロをあとひと回し(8小節)減らしたい」場合がありますよね。

ただ、その時わざわざオーディオトラックやMIDIデータをズラすのは面倒くさいです。

そんな時、範囲選択ツールで範囲を選択して以下のショートカットを使うと便利です。

無音部分を挿入

[Ctrl] +[Shift]+[E]

これを使うと簡単に新しい小節を間に挿入できるので楽です。

Audio→範囲→無音部分を挿入 でもいけます。

範囲を詰めて削除

[Shift]+[delete]

いわゆる「無音部分を挿入」の逆パターンです。

Audio→範囲→範囲を詰めて削除 でもいけます。

 

タイトルとURLをコピーしました