和風・日本のスケール(音階)のモード(旋法) まとめ

音楽理論・DTM関連

みなさんこんにちは!クフルダモノーツYoshito Kimura(k1mu)です!

 

以前、こちらの記事で和風曲の作り方和風感の出し方についてまとめました。

今回は、その中でも和風・日本風なスケールについて、さらに深掘りしてまとめてみました。

和風な曲を作るときなどの参考にしてみてください。

では、いってみよう!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

  1. はじめに
        1. スケールの名前について
        2. スケールの解釈について
        3. スケール・ナンバーについて
        4. 他のキーでのスケール構成音を調べたい場合
  2. ヨナ抜き長音階/メジャー・ペンタトニック・スケール
    1. メジャー・ペンタトニック・スケールのモード
        1. ①夏山調子(ヨナ抜き長音階):661
        2. ②楽調子/青葉調子/新雁金調子(陽音階):1189
        3. ③ブルースマイナー:1321
        4. ④乃木調子/水調子(律音階):677
        5. ⑤マイナー・ペンタトニック・スケール/ニロ抜き短音階/民謡音階:1193
    2. メジャー・ペンタトニック・スケールに似た構成音を持つ調子
        1. 中空調子:429
  3. 陰音階(上行形)/Insen Scale
    1. 陰音階について
    2. 陰音階(上行形)のモード
        1. ①古今調子/半岩戸調子:1187
        2. ②Raga Hindol(ラーガ・ヒンドル):2641
        3. ③半中空調子:421
        4. ④二重雲井調子:1129
        5. ⑤秋風調子/雲井ペンタトニック/ドリアン・ペンタトニック:653
    3. 陰音階(上行形)に似た構成音を持つ調子
        1. 雲井調子:1251
        2. 半雲井調子:1507
  4. 陰音階(下行形)/In Scale
    1. 陰音階(下行形)のモード
        1. ①平調子/平巾十調子/Hon-kumoi-joshi:419
        2. ②リディアン・ペンタトニック:2257
        3. ③ヨナ抜き短音階/エオリアン・ペンタトニック/Hirajōshi/Kata-kumoi:397
        4. ④本雲井調子/雲井巾十調子/Iwato Scale:1123
        5. ⑤Raga Bhinna Shadja(ラーガ・ベニア・シャジア):2609
  5. 琉球音階/アイオニアン・ペンタトニック:2225
    1. 琉球音階のモード
    2. おまけ:陰音階(下行形)と琉球音階の関係
  6. 参考文献・URL
    1. 関連記事

はじめに

スケールの名前について

和風なスケールって、調べてみると…わりと違う構成音のスケールに同じ名前が付いていて「???」って感じなんですよね。

(そのくらいマニアックな分野 + 日本各地で元から名称がバラバラだったのが原因っぽいです。)

したがって、以下にまとめた名前以外にも同じスケールを指す別の名称はあると思いますので、ご了承ください。

スケールの解釈について

以下のスケールの解釈は、あくまで西洋の音楽理論的な視点からまとめた内容です。

伝統的な日本音楽の文脈にはそぐわない内容・表現もあるかもしれません。

たとえば、構成音を畳み直して同じ”スケール“としてまとめた”調子“も、(そう)をチューニングする上では異なる分類をされるものもあります。

スケール・ナンバーについて

スケール名の横にスケール・ナンバーを併記しています。

スケール・ナンバーとは、「”スケールの構成音を12桁の2進数として表した数”を10進数に変換した数字」です。

たとえば、Cメジャー・スケール(ドレミファソラシ)を例に考えてみましょう。

スケールの構成音を「1」そうでない音を「0」とすると、Cメジャー・スケールは「10101011010101」と表せますよね。

この「10101011010101」を2進数として処理するために逆に並べ替えます。

並べ替えた「101011010101」を10進数に変換すると「2741」になるので、メジャー・スケールのスケール・ナンバーは「2741」となるわけです。

より詳しくはこちら↓

A study of musical scales by Ian Ring
他のキーでのスケール構成音を調べたい場合

このページでは、ドを主音にした場合と、調号が無い場合の2パターンのみを紹介しています。

他のキーでの構成音を調べたい場合、こちらのページ↓を活用してください。
12キー全てでのスケールの構成音が簡単に分かります。

スケール O-TO【音楽理論ウェブアプリ】
60種類を超えるスケールの構成音を簡単に調べられます。

ヨナ抜き長音階/メジャー・ペンタトニック・スケール

メジャー・スケール4番目(ファ)7番目(シ)を抜いた形になるので、ヨナ抜き長音階とも呼ばれます。

和風曲に限らず、あらゆるジャンルの音楽でよく使われる最もポピュラーな5音階です。

したがって、フレーズの作り方によっては和風感があまり出ない場合があるので、各自研究してみてください。

メジャー・ペンタトニック・スケールのモード

①夏山調子(ヨナ抜き長音階):661

いわゆるメジャー・ペンタトニック・スケール

親しみやすく歌いやすいので、童謡などでもよく使われている印象です。

文部省唱歌 とんび
歌い出しがペンタトニック・スケールをなぞったメロディになっています。
②楽調子/青葉調子/新雁金調子(陽音階):1189

メジャー・ペンタトニック・スケールを、第2音から捉え直したモード

陽音階とも呼ばれるよう。

③ブルースマイナー:1321

メジャー・ペンタトニック・スケールを、第3音から捉え直したモード

和風なスケール名は発見できませんでしたが、問題なく和風感を醸し出せるモードだと思います。

♪凛として咲く花の如く 高音質
歌い出しのメロディは、概ねブルースマイナーをそのまま上昇しているとも考えられそうです。
④乃木調子/水調子(律音階):677

メジャー・ペンタトニック・スケールを、第4音から捉え直したモード

国歌「君が代」のメロディは、この律音階を基盤に作られていると言われます。

AIきりたん 国歌独唱【君が代】

(厳密に考えると「君が代」はbⅦの音を含むので、Dミクソリディアン・ヘキサトニックスケール(#×1)とも解釈できます。)

 

Fujii Kaze – Kirari (Official Video)
律音階を、そのまま上昇する形のメロディをサビ冒頭に使った藤井風さんの『きらり』。
⑤マイナー・ペンタトニック・スケール/ニロ抜き短音階/民謡音階:1193

メジャー・ペンタトニック・スケールを、第5音から捉え直したモード

こちらも、様々な音楽で使われるペンタトニック・スケールです。

[Official Music Video] Perfume 「無限未来」
ドロップ部分のシンセフレーズは分かりやすくマイナー・ペンタトニック・スケールを使ったモチーフです。

メジャー・ペンタトニック・スケールに似た構成音を持つ調子

中空調子:429

6音階の「中空調子」は、マイナー・ペンタトニック・スケールに近い構成音・雰囲気を感じる気がします。

陰音階(上行形)/Insen Scale

陰音階について

陰音階(都節音階とも)には、上行形下行形があります。

英語版のWikipediaを見ると、それぞれ陰音階の上行形を「Insen Scale」、陰音階の下行形を「In Scale」や「Sakura pentatonic scale」などと呼称しているようです。

」が主音の場合、上行形は「ミ-ファ-ラ-シ--ミ」、下行形は「ミ-ファ-ラ-シ--ミ」。

」が主音の場合、上行形は「ド-レ♭-ファ-ソ-シ♭-ド」、下行形は「ド-レ♭-ファ-ソ-ラ♭-ド」になります。

 

ただ、メロディック・マイナー・スケール※ほど、上行形下行形を厳格に区別しないと雰囲気が壊れるわけではないと思います。

メロディック・マイナー・スケールを下行するときは、通常ナチュラル・マイナー・スケールに変化させる。

 

陰音階の上行形が使用された曲としては、宮城道雄の『春の海』が有名ですね。

Japanese Koto 春の海/Haru no Umi (Spring Sea) Composer/作曲者 Michio Miyagi/宮城道雄

お正月によく聴こえてくるアレです。

一方で、陰音階の下行形は古謡『さくらさくら』などで用いられています。

~さくら さくら~NHK東京児童合唱団

この曲が、「Sakura pentatonic scale」と呼ばれる由来のようです。

個人的にはどちらかと言えば、下行形の方がダークな雰囲気を帯びている気がします。

陰音階(上行形)のモード

①古今調子/半岩戸調子:1187

陰音階の上行形と全く同じ構成音です。

②Raga Hindol(ラーガ・ヒンドル):2641

陰音階の上行形を、第2音から捉え直したモード

このモードには”和風っぽい名前“は見つかりませんでした。
主音に対して3度の音が目立つため、陰音階のモードとしては少し扱いづらい気もします。

ラーガ“は、インド音楽の文脈のスケール名称になります。

③半中空調子:421

陰音階の上行形を、第3音から捉え直したモード

④二重雲井調子:1129

陰音階の上行形を、第4音から捉え直したモード

⑤秋風調子/雲井ペンタトニック/ドリアン・ペンタトニック:653

陰音階の上行形を、第5音から捉え直したモード

ジャズの文脈で、雲井ペンタトニックとして使われる場合もあるようです。

【雲井ペンタトニック】〜ジャズに不可欠なもう1つのペンタトニックの存在〜

陰音階(上行形)に似た構成音を持つ調子

雲井調子:1251

陰音階の上行形♭5の音を追加した6音のスケール。

個人的には、陰音階にマイナー・ブルース・ペンタトニックの香りをブレンドした雰囲気を感じます。

【Japanese Djent】KHUFRUDAMO NOTES – KUMOGAKURE【Original Guitar】
KUMOGAKUREのリフは、構成音から考えると雲井調子的です。
半雲井調子:1507

陰音階の上行形下降形を合体したものに、さらに♭5の音を追加した7音スケール。

半音が4つ連続しているので、和風感を出すフレージングが難しい部分もありそうです。

陰音階(下行形)/In Scale

陰音階(下行形)のモード

①平調子/平巾十調子/Hon-kumoi-joshi:419

陰音階の下行形と全く同じ構成音です。

 

ちなみに、しばしば海外のミュージシャンが使っている気がする「Hirajōshi scale」というスケールについて英語版のWikipediaによると

Synonymous scales have different names per region of Japan, as well as according to several ethnomusicologists and researchers, which may lead to some confusion.

「同義語の音階は、日本の地域ごとに名称が異なり、また複数の民族音楽学者や研究者によっても名称が異なるため、混乱することがある。」

Hirajōshi scale

とあるので、平調子 と「Hirajōshi Scale」の構成音は必ずしも同じではないようです。

②リディアン・ペンタトニック:2257

陰音階の下行形(平調子)を、第2音から捉え直したモード

リディアン・モードを示唆できるペンタトニックなのでリディアン・ペンタトニックです。
主音に対して3度の音が目立つため、陰音階のモードとしては多少扱いづらい気もします。

③ヨナ抜き短音階/エオリアン・ペンタトニック/Hirajōshi/Kata-kumoi:397

陰音階の下行形(平調子)を、第3音から捉え直したモード

マイナースケールから4番目(ファ)7番目(シ♭)を抜いた形でもあります。

④本雲井調子/雲井巾十調子/Iwato Scale:1123

陰音階の下行形(平調子)を、第4音から捉え直したモード

陰音階の上行形第4音をフラットさせたとも捉えられるスケール。

⑤Raga Bhinna Shadja(ラーガ・ベニア・シャジア):2609

陰音階の下行形(平調子)を、第5音から捉え直したモード

こちらも主音に対して3度の音が目立つため、陰音階のモードとしては多少扱いづらい気もします。

ラーガ“は、インド音楽の文脈のスケール名称になります。

琉球音階/アイオニアン・ペンタトニック:2225

沖縄音階とも呼ばれる、沖縄の音楽で使われる音階です。

メジャー・スケール2番目(レ)6番目(ラ)を抜いた形になるので、ニロ抜き長音階とも呼ばれます。

琉球音階のモード

もちろん、琉球音階にも5つのモードは想定できます。

しかし、和風な名称は見つかりませんでした。

(ちなみに、沖縄音階の第5モードにフリジアン・ペンタトニック:395があります。)

おまけ:陰音階(下行形)と琉球音階の関係

日本の音階と言えど、琉球音階はこれまで紹介してきた陰音階とはかなりキャラクターが違う響きがします。

元々は外国であった沖縄の歴史から考えても、「キャラクターが違うのは当たり前でしょ」と思うかもしれません。

しかし、実は2つの音階には意外な関連性があります。

主音を中心に、上下対称的に同じ度数で音階を作っていくと…

この2つのスケールが浮かび上がってくるのです。
つまり、陰音階(下行形)琉球音階逆配列の関係にあるスケールです。

発見したときに「面白い…!」と思ったので紹介してみました。

なぜ、このような関係になっているのか…理由は分かりません
地理的に近い場所にあるので、なんらかの影響があったのでしょうか。

詳しい理由を知っている方が居れば、是非教えてください!

参考文献・URL

配布物 - 高橋琴三味線店(東京都) 琴・三味線の販売・修理
A study of musical scales by Ian Ring
箏の調絃の種類について – 箏曲演奏家 福田恭子
お箏の調絃の種類(平調子・半雲井調子・雲井調子・本雲井調子・中空調子・古今調子・乃木調子・楽調子)について解説しています。
雅楽概説
Gagaku
お箏(琴)の調絃法を実音で詳しく解説しています/平調子 雲井調子 古今調子 中空調子 乃木調子 楽調子
http://cdn.korg.com/jp/support/download/files/8b87ed7220f0e3ab59b54ff7dae18a93.pdf?response-content-disposition=inline%3Bfilename%3DWT30_list_J2.pdf&response-content-type=application%2Fpdf%3B
https://www.jstage.jst.go.jp/article/toyoongakukenkyu1936/1989/54/1989_54_107/_pdf/-char/ja
タイトルとURLをコピーしました