【音源紹介あり】小学校音楽科 歌唱共通教材 まとめ

音楽関係資料

このページは、小学校音楽科の「歌唱共通教材」のまとめです。

 

小学校音楽科の「鑑賞共通教材」だった曲のまとめはこちら↓

中学校音楽科の「共通教材」だった曲のまとめはこちら↓

はじめに

・この記事は、小学校学習指導要領 第2章 各教科 第6節 音楽および、【音楽編】小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 pp.168-169を参照しました。

教材としての主なねらいや、指導のポイントは、音楽之友社『初等科音楽教育法[改訂版]』 を参考にしました。

記事の後半曲の一覧表と、指導に使えそうなプリント(pdf)類を紹介しています。ご活用ください。

Spotifyのプレイリスト↓を作成しました。こちらもご活用ください。

歌唱共通教材

各学年とも、以下で紹介する「歌唱共通教材」と、

(普段の学校生活で)”斉唱及び合唱で歌う曲“をまとめて”歌唱教材“として扱うようです。

第1学年

①「うみ」(文部省唱歌)
「海( うみ)」 童謡・唱歌
作曲:井上 武士(いのうえ たけし)
作詞:林 柳波(はやし りゅうは)

・海の情景を思い浮かべながら、歌えるようにさせる。

・身体を動かしながら3拍子のリズムを捉えさせる。

・曲に合わせてリズム唱リズム打ちができるようにさせる。

②「かたつむり」(文部省唱歌)
【歌付き】かたつむり  子供向け童謡

2拍子のリズムを捉えさせ、身体表現をさせる。

・タンブリン、カスタネット、鈴などを使ってリズム伴奏をさせる。

・リズムの形(付点8分音符と8分音符の違い)を、正しく感じて歌えるようにさせる。

③「日のまる」(文部省唱歌)
日のまる.wmv
作曲:岡野 貞一(おかの ていいち) 
作詞:高野 辰之(たかの たつゆき)

・「日の丸」は日本の国旗であることを理解させる。

階名で歌わせたり、楽器で演奏させたりする。

・歌唱や楽器演奏や身体表現を通して、階名の高低を理解させる。

④「ひらいたひらいた」(わらべうた)
♪ひらいた ひらいた – Hiraita Hiraita|♬ひらいた ひらいた なんの花が ひらいた♫【日本の歌・唱歌】

歌いながら遊ぶ楽しさを味わわせる。

わらべうたのふしを経験させる。

第2学年

①「かくれんぼ」(文部省唱歌)
かくれんぼ 童謡
作曲:下總 皖一(しもふさ かんいち)
作詞:林 柳波(はやし りゅうは)

符点8分音符16分音符が連なった”スキップのリズム”を捉えられるようにする。

リズミカルに歌えるようにさせる。

リズム唱リズム打ちをさせる。

②「春がきた」(文部省唱歌)
春が来た
作曲:岡野 貞一(おかの ていいち) 
作詞:高野 辰之(たかの たつゆき)

・曲の旋律の上行、下行に合った自然な強弱変化をつけて歌えるようにする。

歌詞の情景をイメージしながら歌えるようにする。

・楽器を使って演奏したり、打楽器伴奏を加えた器楽合奏をさせる。

③「虫のこえ」(文部省唱歌)
虫の声 文部省唱歌

擬声語を生かして、秋の夜の虫の声を表現させる。

・”虫の声のところ”に色々な音(手作り楽器の音など)を当てはめて工夫させ、合奏の面白さを味わわせる。

④「夕やけこやけ」(文部省唱歌)
♪夕焼け小焼け – Yuyake Koyake|♬ゆうやけ こやけで ひがくれて やまのおてらの かねがなる♫【日本の歌・唱歌】
作曲:草川 信(くさかわ しん)
作詞:中村雨紅(なかむら うこう)

夕焼けの様子を思い浮かべながら歌えるようにする。

階名唱をさせる。

・楽器でメロディを弾けるようにする。

第3学年

①「うさぎ」(日本古謡)
♪うさぎうさぎ – Usagi Usagi|♬うさぎ うさぎ なにみてはねる♫【日本の歌・唱歌】

・童話的な世界にひたって、しっとりとしたふしを味わいながら歌わせる。

・楽器を使って演奏したり、打楽器伴奏を加えた器楽合奏をさせる。

陰音階(※)を日本で昔から歌われている”ふし“として感じ取らせる。

 

陰音階の構成音は「」が主音の場合、上行形は「ミ-ファ-ラ-シ--ミ」、下行形は「ミ-ファ-ラ-シ--ミ」。

」が主音の場合、上行形は「ド-レ♭-ファ-ソ-シ♭-ド」、下行形は「ド-レ♭-ファ-ソ-ラ♭-ド」。

陰音階は上行形と下降形の区別がそこまで厳格でない気がするので、上行形だけを陰音階として扱って良い気もします。

②「茶つみ」(文部省唱歌)
4K 童謡唱歌 ♫八十八夜 茶摘みの歌 歌詞付き

茶摘みの様子を想像しながらリズミカルに歌わせる。

・とくに弱起の部分などを注意させ、リズムを正しく捉えさせる。

手遊びを紹介して実際に曲に合わせて遊ばせる。

①「春の小川」(文部省唱歌)
春の小川
作曲:岡野 貞一(おかの ていいち) 
作詞:高野 辰之(たかの たつゆき)

・曲の旋律の上行、下行に合った自然な強弱変化をつけて歌えるようにする。

五線ハ長調の音階(Cメジャーキー)を理解させ、階名視唱をさせる。

・楽器でメロディーを演奏させる。

④「ふじ山」(文部省唱歌)
唱歌「富士山」歌詞・高音質
作詞:巖谷 小波(いわや さざなみ)

曲想を生かして歌えるようにさせる。

・自然な強弱変化、特に曲の盛り上がりを工夫して表現できるようにする。

階名唱や、旋律楽器で演奏できるようにさせる。

第4学年

①「さくらさくら」(日本古謡)
~さくら さくら~NHK東京児童合唱団

陰音階(※)を味わいながら歌えるようにする。

陰音階を使った短いメロディを作らせる

・同じ陰音階の楽曲で、3年生で学習したうさぎ」との関連を図る。

 

陰音階の構成音は「」が主音の場合、上行形は「ミ-ファ-ラ-シ--ミ」、下行形は「ミ-ファ-ラ-シ--ミ」。

」が主音の場合、上行形は「ド-レ♭-ファ-ソ-シ♭-ド」、下行形は「ド-レ♭-ファ-ソ-ラ♭-ド」。

陰音階は上行形と下降形の区別がそこまで厳格でない気がするので、上行形だけを陰音階として扱って良い気もします。

 

・曲の旋律の上行、下行に合った自然な強弱変化をつけて歌えるようにする。

・筝曲『さくら変奏曲』(宮城道雄)を鑑賞させる。

Japanese Koto さくら変奏曲/Sakura hensokyoku(Theme and Variations on the Sakura Melody)
②「とんび」
文部省唱歌 とんび
作曲:梁田 貞(やなだ ただし(てい))
作詞:葛原 しげる(くずはら しげる)

・トンビの飛翔する様子を想像し、伸びやかに強弱変化を付けて歌えるようにさせる。

・「ピンヨロー」の複符点音符のリズムを正確に捉えられるようにさせる。

階名唱リズム唱で音楽活動の基礎能力を伸ばす。

・旋律楽器に打楽器伴奏をつけて、器楽合奏へ発展させる。

③「まきばの朝」(文部省唱歌)
文部省唱歌 牧場の朝
作曲:船橋 栄吉(ふなばし えいきち)
作詞:杉村 楚人冠(すぎむら そじんかん) ※Wikipediaより

牧場の朝の情景を想像しながら歌わせる。

強弱変化を付けて歌えるようにさせる。

器楽合奏をする。

④「もみじ」(文部省唱歌)
~紅葉(もみじ)~ NHK東京児童合唱団 Part.Ⅰ
紅葉(もみじ) うた:NHK東京児童合唱団 作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一 1911年(明治44年)「尋常小学唱歌(二)」に発表さました。 2007年(平成19年)には、日本の歌百選の1曲に選ばれています。 団塊世代の皆様には定番。 「秋のバス旅行」、車中でのお馴染みの合唱曲でした。
作曲:岡野 貞一(おかの ていいち) 
作詞:高野 辰之(たかの たつゆき)

情景をイメージしながら、自然で無理のない声で歌えるようにする。

クレッシェンドやデクレッシェンドを意識して、工夫して歌えるようにする。

・できれば二部合唱(中野義見編曲)↓ができるようにする。

もみじ(歌詞あり)

第5学年

①「こいのぼり」(文部省唱歌)
~鯉のぼり(いらかの・・・)~杉並児童合唱団
鯉のぼり 童謡(文部省唱歌) うた:杉並児童合唱団 作詞:不詳 作曲:弘田龍太郎 1913年(大正2年)「尋常小学唱歌、第五学年用」に初出 この曲は文語調で書かれているためか、 口語調の(やねよりたかい...)で始まる「こいのぼり」のほうが好まれ こちらの歌は、あまり歌われなくなっているようです。

こいのぼりが翻る様子を想像しながら歌えるようにする。

・躍動的なリズムを正しく感じ取り、表現を工夫して歌えるようにする。

楽器を加えた演奏を工夫してできるようにする。

②「子もり歌」(日本古謡)
♪子守り歌 – Komori Uta|♬ねんねん ころりよ おころりよ ぼうやは 良い子だ ねんねしな♫【日本の歌・唱歌】
子もり歌(律音階) 日本古謡 Japanese Lullaby

子もり歌について理解させる。

子守唄(こもりうた、子守歌、英: lullaby)は、子供を寝かしつけたり、あやしたりするために歌われる歌の一種。世界各国で様々なものが歌い継がれている。揺籃歌(ようらんか)ともいう。子供を抱いたり、あるいは揺りかごで揺らしながら歌ったため、そのようなゆっくりしたリズムを持つものが多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E5%AE%88%E5%94%84

・口伝えで伝承されてきた曲なので、いくつものバリエーションがある。そのバリエーションの違いを感じさせる。

旋律楽器で演奏したり、助奏を工夫したりして日本的な感じを味わわせる。

①「スキーの歌」(文部省唱歌)
スキー 文部省唱歌
作曲:橋本 国彦(はしもと くにひこ)
作詞:林 柳波(はやし りゅうは)

歌詞の内容や情景を理解して、歌えるようにする。

リズムを正しく把握できるようにする。

クレッシェンドとデクレッシェンドタイスタッカートマルカート/アクセントなどを意識して表現できるようにする。

④「冬げしき」(文部省唱歌)
文部省唱歌 冬景色

・歌詞に出てくる言葉について解説をする。

参考→http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/fuyugeshiki.htm

歌詞の内容や情景を理解して、歌えるようにする。

3拍子にのってゆったりとした歌唱表現ができるようにする。

ヘ長調(Fメジャーキー)の階名唱に慣れさせ、楽器でも演奏できるようにする。

第6学年

①「越天楽今様(歌詞は第2節まで)」(日本古謡)
越天楽今様 慈鎮和尚作歌・日本古謡 Etenraku Imayou
慈鎮 和尚(じちん おしょう) 作歌

・曲の山である第4フレーズを、声の響きに注意して伸び伸びと歌えるようにさせる。

・日本らしい音階のひとつ、律音階(※)の旋律を味わいながら歌わせる。

 

律音階は、主音が「」の場合、「ソ-ラ-ド-レ-ミ-ソ」。

主音が「」の場合、「ド-レ-ファ-ソ-ラ-ド

②「おぼろ月夜」(文部省唱歌)
文部省唱歌 朧月夜
作曲:岡野 貞一(おかの ていいち) 
作詞:高野 辰之(たかの たつゆき)

歌詞の内容や情景を理解して、歌えるようにさせる。

・響きを聴きながら二部合唱ができるようにさせる。

・各動機ごとに強弱や盛り上げ方を工夫して歌えるようにさせる。

③「ふるさと」(文部省唱歌)
ふるさと (故郷)
作曲:岡野 貞一(おかの ていいち) 
作詞:高野 辰之(たかの たつゆき)

歌詞の内容や情景を理解して、歌えるようにさせる。

・響きを聴きながら二部合唱ができるようにさせる。

強弱や盛り上げ方を工夫して歌えるようにさせる。

④「われは海の子(歌詞は第3節まで)」(文部省唱歌)
われは海の子

歌詞の内容を理解して、リズムに乗って力強く歌えるようにさせる。

・旋律楽器による演奏や、打楽器伴奏をできるようにさせ、器楽合奏ができるようにさせる。

その他

国歌「君が代」は 、「いずれの学年においても歌えるよう指導すること」とされます。

君が代
国歌「君が代」

 

こちら↓は僕がAIきりたんに歌わせた「君が代」。

AIきりたん 国歌独唱【君が代】

指導に使えそうなプリント(pdf)類

指導に使えそうな、無料ダウンロードできるプリント(pdf)類のリンクです。

※下記のリンクは外部サイトへのものです。それぞれのサイトの利用規約等をご確認の上、利用してください。

 

音楽の基礎知識「楽譜の読み方(音名・音符・休符・記号・調号・音程)」まとめプリント 

音楽の基礎知識「楽譜の読み方(音名・音符・休符・記号・調号・音程)」まとめプリント 無料ダウンロード・印刷
楽譜の読み方(音名、音符、休符、記号、調号・音程)についてのまとめプリントを無料ダウンロード・印刷できます。

小学校音楽 令和2年版 授業お役立ちシート集

令和2年版 授業お役立ちシート集 - 教育出版
授業お役立ちシート集 1年 ▶︎ 授業お役立ちシート集 2年 ▶︎ 授業お...

・「ワークシート」一覧

ワークシート | 小中学校にも使える音楽教材・教具販売/どれみ広場
「ワークシート」の記事一覧です。

歌唱共通教材の一覧

学習する学年
タイトル
作詞者
作曲者
備考
1うみ林柳波井上武士文部省唱歌
1かたつむり文部省唱歌
1日のまる高野辰之岡野貞一文部省唱歌
1ひらいたひらいたわらべうた
2かくれんぼ林柳波下総皖一文部省唱歌
2春がきた高野辰之岡野貞一文部省唱歌
2虫のこえ文部省唱歌
2夕やけこやけ中村雨紅草川信
3うさぎ日本古謡
3茶つみ文部省唱歌
3春の小川高野辰之岡野貞一文部省唱歌
3ふじ山厳谷小波文部省唱歌
4さくらさくら日本古謡
4とんび葛原しげる梁田貞
4まきばの朝船橋栄吉文部省唱歌
4もみじ高野辰之岡野貞一
5こいのぼり文部省唱歌
5子もり歌日本古謡
5スキーの歌林柳波橋本国彦文部省唱歌
5冬げしき文部省唱歌
6越天楽今様慈鎮和尚 作歌日本古謡
6おぼろ月夜高野辰之岡野貞一文部省唱歌
6ふるさと高野辰之岡野貞一文部省唱歌
6われは海の子文部省唱歌
全学年共通君が代国歌
赤とんぼ三木露風山田耕筰文部省唱歌
文部省唱歌
かりがわたる文部省唱歌
汽車大和田愛羅文部省唱歌
文部省唱歌
村のかじや文部省唱歌
村まつり文部省唱歌
文部省唱歌

タイトルとURLをコピーしました