楽器を20年以上やって感じた 楽器上達へ繋がる9つのヒント

演奏してみた

みなさんこんにちは!クフルダモノーツYoshito Kimura(k1mu)です!

 

今回は、一応20年以上楽器を弾いていてマルチプレイヤーの僕が
楽器が上達するためのヒントになりそうなものを9つ紹介したいと思います!

では、早速いってみよう!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

①練習する

みなさん知っていますか?

楽器は 練習すると、上手くなるんですよ!!

 

 

……え? そんなこと分かってるって!??

しかし、やはり一番はこれだと思います。

最近は効率のよい練習方法や、上手く弾くコツなどは巷に溢れています。
ただ、大前提として練習しなければ、楽器は上達しません。

そして、練習すれば上達します。

『100回弾いても弾けなかったら、10000回同じことをまた弾けばいいだけの話だ。』

John Petrucci

脳に経験値を直接注入できるようにでもならない限り
楽器の上達に大きなショートカット方法は無いと思います。

 

…え?それも分かってる!?

 

たしかに…一時の“やる気”だけでは練習が続かないこともありますよね。

そこで、考えられる対策を2つ紹介します。

①楽器をすぐ弾ける環境を整える

楽器演奏に限らず、自分が行動するか否かを”やる気“に頼るのはあまり良くないと思います。

なぜなら、人間の脳の仕組み的には
「”やる気”が無いからやらない」のではなく、
行動していないから”やる気”が起きない」らしい からです。

参考↓

では、”どのように自分を思った通り行動させるのか“を考える必要がありますよね。

 

まず、一つ目の作戦は「楽器をすぐ弾ける環境を整える」です。

なぜなら、人間はやろうと思ってから5秒以内に実行に移さないと、
実行するハードルがとても上がるらしい からです。

参考:自分をだますのを止める方法 | メル・ロビンス | 

つまり、自分の手の届きやすい範囲に、楽器をすぐ弾ける状態で置くことで
自分に”楽器を弾く”という行動を起こしやすくするわけです。

②習慣化する

そして、焦らずに徹底的に習慣化させることが重要だと思います。

楽器練習を習慣にしてしまえば「楽器を練習するぞ!」と意気込まなくても
むしろ弾かないと気持ち悪くなるはずです。

 

ただ、脳は大きな変化が苦手です。
つまり、今までやっていなかったことをいきなり習慣にするのは難しいわけです。

いわゆる”三日坊主“になってしまいがちなのは このためらしいですね。

 

では、どうすればいいのか。

習慣化のためには「最初はノルマをものすごく小さく設定する」ことが有効らしいです。

※参考↓

つまり

いきなり「毎日数時間、メニュー組んでバリバリ練習してやる!」とかではなく
毎日とりあえず楽器を最低1分は触る」くらいから始める方が長続きしやすいわけです。

(そして、大体2か月くらい継続すると習慣になっていくのが通説っぽいです。)

②よい演奏を見る・聴く

こちらの記事にも書きましたが、

僕は芸術的な能力を身に付けるためにやるべきことは

観察」と「模倣」と「批評」だと思っています。

 

そして、ここでいう「観察」と「批評」に相当するのが、よい演奏を聴くことです。

現代はYouTubeなどで古今東西の素晴らしいミュージシャンの演奏が手軽に聴けますよね。

これを使わない手は無いです。

色々なミュージシャンの楽曲や演奏から学びましょう!

 

ちなみに、僕が度肝を抜かれたオススメ動画をちょっとだけ紹介します。

Tommy Emmanuel Live At Sheldon Concert Hall St Louis
Guthrie Govan – Fives from "Erotic Cakes" at JTCGuitar.com
Jacob Collier – Moon River (Transcription)
Polyphia | Aviator feat. Jason Richardson (Official Music Video)
Mike Mangini Clinic Drum Solo from Florence Italy
Jascha Heifetz plays Tchaikovsky Violin Concerto: 1st mov.

③よい演奏を真似する

次に「模倣」をします。つまり、コピーです。

 

そして、上達へ繋がるポイントは、徹底的な「完全コピー」を目指すことです。

もちろん、色々な曲に触れることも大切です。
しかし、何曲も雰囲気だけコピーして終わるのは勿体ないです。

気に入った曲を、自分に出来る限りの高い精度で時間をかけてコピーしましょう。

強弱の付け方音符を切るタイミングヴィブラートのかけ方など、
学べることはたくさんあります。

 

神は細部に宿る” のです。

④メトロノームを使う

 

シンプルに、メトロノームに合わせて練習をしましょう。

 

なぜなら、演奏はオンタイム(メトロノームに忠実)が基本だからです。

 

しばしば聞こえてくる

クリックに合わせた演奏だと面白味が無いんだよなぁ…」とか
ちょっとモタったリズムの方がグルーヴが…」など、

リズムの甘さを正当化する言葉に惑わされてはいけません。

 

基本はオンタイムです。

 

BOØWYザ・ブルーハーツGLAYなど、
数々のアーティストのプロデュースを手掛けた佐久間 正英さん

「グルーヴ」は逃げ道として非常に便利な言葉。
よって、安易にこの言葉を使わないように。

『直伝指導! 実力派プレイヤーへの指標 How to be a professional player? プロになること、目指すこと』 p.29

と自身の著書の中で書いています。

 

 

ちなみに、振り子のついている機械式メトロノームよりも
電子式メトロノームの方がより正確なので、こちらを使う方が良いと思います。

スマホアプリだと

‎Tempo Advance - Metronome
‎Tempo Advanceは、マイク・マンギーニー Mike Mangini(ドリームシアター、ドラマー・オブ・ザ・イヤー*)が承認するメトロノームアプリで、ユーザーのミュージシャンシップを次のレベルに導きます。Tempo Advanceは、iPad、4インチディスプレイ、改善されたセットリスト•ナビゲーションおよび...

このアプリ↑が多機能でオススメです。(僕も使っています。)

 

また、Googleで「メトロノーム」と検索すると、簡易的なメトロノームが出てきます。

ゆっくり弾く大切さ

速さが要求されるフレーズを練習するときは
メトロノームに合わせて

自分が確実に弾けるテンポで弾く8割
トップスピードに挑戦する2割

くらいの比率で練習するのがオススメです。

なぜなら、細かい部分がしっかり弾けない状態で
ひたすら速くフレーズを練習をしても
それは「間違った動き」のクセをつける練習をしているようなものだからです。

時には最初はテンポを原曲の半分以下に落として練習することもあります。

しかし、難しいフレーズほど まずはゆっくりと
身体に動きを学習させることが習得への近道だと思います。

⑤自分の演奏を録音・録画する

自分の演奏を、演奏中に客観視するのは難しいです。

録音・録画すれば冷静に自分の演奏をチェックできます。

 

まずは、スマホで録音・録画してみればOKです。

しかし、長期的に考えるとDAWを使って宅録ができる
DTM環境を整えた方が良いと思います。

なぜなら、自分の耳に自信が無くてもDAWに録音すれば
リズムやピッチのズレを目で見て確認
できます。

…もしかすると、場合によっては自分の演奏にショックを受けるかもしれません…。笑
しかし、一つ一つ問題点を修正していくと かなり上達に繋がると感じます。

(もちろん、リズムやピッチが100%正しいものだけが良い音楽ではありません。
しかし、練習や上達を目指す際にはその視点は一旦置いておきましょう。)

 

他にも、DAWは作曲や音声編集などにも使えます。

これからの時代、音楽をするのにもコンピューターの活用は必須だと思います。

⑥爪を整える

多くの楽器は指先を使いますよね。

爪が無造作に伸びていると弾きづらくフォームが乱れます。
そのため、爪は常に整えておくべきです。

細かい!と思うかもしれませんが、大切だと思います。

 

僕も、必ず2・3日に1回は爪を切って、このような感じに爪をキープするようにしています。

ちなみに↑もう10年くらいこの爪切りを使っています。ただ、特にこだわりがあるわけではありません。笑

⑦楽譜の読み書きを身に付ける努力をする

でも、プロでも読めない人はいる
読めなくてもそんなに困らない

と言う声が聞こえてきそうです。

 

しかし、言語に置き換えて考えてみてください。
読み書きできずに言語を学ぶのはどう考えても不利です。

反対に、読み書きができるとジワジワと色んな面で有利になります。

結局、”どう考えてもできたら便利だけど、習得にそれなりにハードルがあること“を
愚直にやるのが、長い目で見れば最も大きな結果に繋がると思います。

そして、楽譜の読み書き修得への近道は、とにかく「楽譜を書く」です。

耳コピした曲を譜面に起こしたり、好きな曲を写譜したりしてみましょう。

一時的に練習時間の50%以上を削って
楽譜の読み書きを修得する時間に充てたとしても、
長い目で見ればかなり意味があると思います。

 

僕も高校時代にDream Theaterというバンドのドラムパートを
数十曲耳コピして手書きで譜面に起こしました。

実際に当時書いた譜面の一部。

それをしたことで、よほど複雑なリズムでなければ、
聴いたリズムを頭の中で譜面の形でイメージできるようになりました。

この経験は現在も大いに役に立っていると感じます。

⑧音楽の理論や知識を学ぶ

さらに言えば、楽譜のみならず

音楽理論音楽に関する基礎知識も知っておいた方がよいです。

 

音楽理論を学ぶ主なメリットは

①フレーズを作る助けになる。
→オリジナル曲作り、アレンジ、アドリブなどに役立ちます。

②音をひとつひとつ聴きとらなくても予想が立てられる。
→耳コピや採譜が楽になります。

③理論を知っている人同士なら、言葉で意思疎通ができる。
→他の人と音楽をする時に、お互いの考えを伝えやすくなります。

④既存の楽曲を分析できる。
→曲を覚えるのが楽になったり、フレーズの引き出しが増えやすくなったりします。

などです。

 

さらに詳しいことは以下の記事にまとめてあります。

音楽理論を勉強してみたいけど、何から手を付ければいいか分からない方は、こちらの記事もオススメです。

⑨良い楽器・良い機材を使う

「プロの人は安い楽器でも良い音を出している…上達してから良い楽器を使おう…」

と考える人もいるかもしれませんが、この意見には反対です。

 

上手い人は”良い楽器の音“の方向性を知っているので、安価な楽器でも良い音を出せるのです。

極端な話、「ピアノの練習をスマホアプリでやる」ことを考えてみましょう。

…たしかに鍵盤の並びを把握したり、和音のポジションを覚えたりはできると思います。

でも、「実際のピアノと同じ練習ができている!」とは感じないはずです。

逆に普段から実際のピアノを弾いている人は、初めて触るスマホアプリのピアノでも
最初からメロディをなぞるくらいの演奏はできるでしょう。

 

言うならば、「上達してから良い楽器を買う」のは

 

勘で料理を作った後に

よし、じゃあ料理作ったし、レシピ見るか。

みたいな感じです。

 

 

たしかに良い楽器は簡単に買える値段ではないものも多いので、
経済的な制約があることは分かります。

しかし、今の自分の出来る範囲で
「”上達したいから”、いい楽器を使おう」と考える方がよいと思います。

まとめ

奇をてらわずに真面目にポイントを列挙したので、
もうすでにやっているものがあった方も多いかもしれません。

もし、まだやっていないものがあった方は、
良い楽器を使う“と、”DTM環境を整える“以外は、
わりとすぐに試せるかなと思うので、良かったら試してみてください。

 

…最後にもう一回言いますが、やはり一番大切なのは、練習することです。笑

もちろん、僕もまだまだなので一緒に頑張りましょう!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

タイトルとURLをコピーしました