メトリックモジュレーションを解説【便利計算フォーム付き】

音楽理論・DTM関連

どうも。クフルダモノーツのk1muです。 

今回は複雑なリズムを作るときによく使われるテクニック、

「メトリックモジュレーション」についての記事です。

メトリックモジュレーションとは?

まず、いきなりですが…

同じ音価(音の長さ)を持つ音符”はいくつも考えられること をご存知でしょうか。

たとえば、「BPM=120の4分音符」「BPM=60の8分音符」「BPM=90の符点8分音符」は、どれも500ミリ秒同じ音価を持つ音符です。

そして、このように同じ音価になる音符は、この他にもたくさん考えることができます。

このリズムの性質を利用して、あたかも BPMが変わったように錯覚させる、もしくは前後のBPMに関連性を持たせた上でテンポチェンジをする手法

メトリックモジュレーション と言います。

その名の通り「リズムの転調」のような概念とも言えるでしょう。

星野源 – 恋 (Official Video)

たとえば、この曲はAメロに対してBメロでリズムのノリが半分(ハーフタイム)になっています 。

このようなハーフタイムダブルタイム(倍テン)」と呼ばれているリズムの手法は、「メトリックモジュレーション」の一番単純なカタチだと考えられます。

…しかし、通常は「メトリックモジュレーション」と言う場合、もう少し複雑な関係性にある”同じ音価を持つ音符”への解釈の変更を指すことが多いと思います。

Drum Lesson: Understanding Metric Modulation

たとえば、この動画のようなリズムパターンは典型的です。

譜面を見ると途中で刻むビートが8分音符から3連符に変わっていますね。

ただ、実際にリズムパターンを聴いてみるとアクセント(スネアドラム)の位置によって、テンポが急に変わったようにも聴こえます。

メトリックモジュレーションを使用したリズムトリックの仕組み

メトリックモジュレーション」を使ったリズムのアイデアは、さまざまなものが考えられるので、最終的には「数値計算」「アイデア次第」になってくる部分があります。

しかし、基本的な仕組みについてはドラム単体の音源で聴くと分かりやすいのでを用意してみました。

以下の2つのリズムはどちらも同じBPM=128で演奏されています。

譜例① 「符点8分音符」を1拍と捉えたリズムパターン

譜例② 「4分音符」を1拍に捉えたリズムパターン

同じBPMにもかかわらず、この2つのリズムから感じられるリズムのノリや速さは明らかに違うかと思います。

それは「アクセント(スネアドラム)の位置」や「リズムの刻み方」が違うためです。

具体的には、

譜例①は「符点8分音符」を1拍と捉えたリズムパターン

譜例②は「4分音符」を1拍に捉えたリズムパターン

になっています。

 

メトロノームありで交互に演奏すると、こうなります。

いかがでしょうか。

独特のリズムチェンジ感と、特に譜例①のリズムの浮遊感はまさに「メトリックモジュレーション使ってます!」という感じです。

作曲への応用 Tips

ちなみに、この二つのリズムはバスドラムの打点が一緒です。

このようなリズムパターンの場合、 一緒に演奏するリフやフレーズをバスドラムのリズムに合わせたものにすると、リフの聴こえ方が途中で変わったような面白い効果を演出することもできます。

使用例

Dream Theater – Moment Of Betrayal

Dream Theater – Moment Of Betrayal (Audio)

この曲の2回目のAメロ部分(2:00~)は、テンポが速くなったり遅くなったり錯覚しそうなリズムになっています。

これは先ほど紹介した、ドラムによる「メトリックモジュレーション」を使ったリズムトリックが使用されているためです。

KHUFRUDAMO NOTES – YAMATO

【Japanese Djent】KHUFRUDAMO NOTES – YAMATO【TAM100】

メトリックモジュレーション」を利用して数学的に整合性を持ってテンポを変えている例。

拙作、KHUFRUDAMO NOTESの楽曲「YAMATOの中間部分(1:44~)では、BPM=150→112.5というテンポチェンジをしています。

これは最初のBPM(=150)「1拍3連」に当たる音価が、次のBPM(=112.5)「16分音符」の音価と等しくなるよう関連性を持たせたテンポチェンジになっています。

Gergo Borlai – Metric Modulation Madness

Gergo Borlai – Metric Modulation Madness (Drumeo)

曲名から「メトリックモジュレーション使いまくるぜ」という決意が溢れ出ているこの曲。笑

曲名通り「メトリックモジュレーション」を使用した浮遊感を覚えるリズムをたくさん聞くことができます。

同じテンポ(BPM)の中で、色々なリズムの解釈をするとこんな感じになる ことがよく分かる好例です。

実際にテンポチェンジなどに使うには

上記の楽曲「YAMATOのように、テンポチェンジに使うためには「任意の音符と同じ音価を持つ音符」と「そのBPM」を計算する必要があります。

その計算方法は、この記事を読んでもらうと分かりますが、きっと多くの人が「…そんな面倒な計算はしたくない!」と思うことでしょう。笑

ということで、「BPM」と「任意の音符の種類」を指定するだけで、「メトリックモジュレーションできる主な音符とBPM」提案してくれるプログラムを書きました!!!

どうぞご自由にお使いください!↓



リズムについてさらに詳しく書いた記事もあるので、興味のある方は是非こちらもどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました