【作曲】曲のキーを論理的に決める方法【DTM】

音楽理論・DTM関連

どうもクフルダモノーツのk1muです。

みなさん、作曲するときに曲のキーはどうやって決めていますか?

今回は僕が「曲のキーを決めるときの考え」をまとめたので、シェアしたいと思います。

※記事の中で「LowE」とか音名を指定する表記が出てきますが、「そういうのよく分からない!」という人はリンクからこちらの表↓を参考にしてみてください。

①ヴォーカルの最高音と、楽器の美味しい音域から考える。

先に結論を言うと、多くの場合は

①曲に使用する楽器の特性

②ヴォーカル(またはメインメロディーを担当する楽器)の最高音をどう使うか

この2つのバランスを考えてキーを決めることが多いです。

①曲に使用する楽器の特性

まずは、曲に使用する楽器の特性を考えます。

楽器にはそれぞれ出せる音域の幅に違いがあります。

また、音は出せても“美しい音を出せる音域“や、”演奏しやすいフレーズ”も違いがあります。

たとえば、普通の6弦ギター(レギュラーチューニング)の最低音はLow E(ミ)です。

エレキギター 962 Woodworks

しかし、 その最低音LowEを使用するようなフレーズを、諸事情から半音下のキーで演奏することになったとします。

ギターはそのままのチューニングではLowE以上低い音を出せないので、この場合は“mid1 E♭” (本来半音下である“Low E♭”の1オクターブ上の音)でそのフレーズを弾かざるを得なくなります。

そうすると、当然フレーズの雰囲気はかなり変化してしまいます。

反対に、キーを半音上げて演奏する場合でも、開放弦を使う奏法や、解放弦の響きを利用したフレーズが使えなくなります。

こんな感じの解放弦を使ったギターフレーズは典型的

このように、キーが1つ変わるだけでも、かなり楽器の演奏に不都合が出てくる場合があるわけです。

もちろん、ギターの場合ダウンチューニングや、カポタストをつけることである程度対応はできますし、他の楽器も奏者の力量や工夫によって演奏は可能になる場合はあります。

しかし、それでも基本的には楽器本来の美味しいところを使う方向でフレーズを考えたいです。

一番良いのは、実際に楽器の特性について知っていることですが、目安として 弦楽器は「調号に#がついているキー」、管楽器は「調号に♭がついているキー」が比較的演奏に適していると言われています。

②ヴォーカルの最高音とキーの関係

一般的にメロディの中で、高い音を使う部分は目立ちます

やはり、最高音(≒綺麗に出る高い音)は「ここぞ!」という場所で、上手く使っていきたいところです。

もちろん、曲を作ってからヴォーカルが歌いやすいようにキーを上げ下げしてもいいのですが、曲が出来てきてからキーを変えるとなると、先ほど紹介したように楽器のフレーズ的に問題が起きる恐れがあります。

後々面倒くさいアレンジのやり直しを防ぐために、最初から「最高音から逆算して意図的にキーの選択すること は有効な手段だと思います。

…では、どのようにヴォーカルの最高音からキーを考えるのか?というと…

Ⅰの和音とⅣの和音とⅥの和音 に注目する。

長調のダイアトニックコード↓のの和音との和音とmの和音に注目して考えます。

 Ⅱm  Ⅲm    Ⅴ  Ⅵm  Ⅶm7(♭5)

Cメジャーキー(ハ長調)のダイアトニックコードはこちら↑

なぜなら、実際の曲(特にポップス)は、フレーズの先頭や印象的な場面に出てくるコードといえば、圧倒的に の和音との和音とⅥmの和音 (とその変形)が多いからです。

たとえば、有名なカノン進行始まり、王道進行始まり、小室進行Ⅵm始まりです。

この次点でⅡmが使われますが、フレーズ先頭での使用頻度としては上の三つには遠く及ばず、使われたとしても Ⅳの和音と同じような役割として扱われている場合が多いです。

そして残るⅢm、Ⅴ、Ⅶm(♭5)は、全く使われないわけではないですが、フレーズの先頭に使うと別のキーを意識させやすく、少なくともポップスで使われる頻度は低い気がします。 (僕調べの情報)

最高音はできるだけ印象的なところにぶち込んでいきたいので、曲を作る前に最高音とこれらの和音との関係性でキーを選ぶことはそれなりに合理的かなと思います。

ということで、最高音が の和音との和音とⅥmの和音に対してどんな関係になるかをキーごとに見ていきたいと思います。

「Ⅵm始まりの曲なら短調じゃないのか?」という声も聞こえてきそうですが、ここでは並行短調(調号が同じ関係の短調)も長調のディグリーで考えます。

最高音から考えるキー

#,♭±0:最高音がトニックのキー (最高音ドの場合、Key=C) 

オススメ度★★★★☆

ⅠのPrime、ⅣのP5th、Ⅵmのm3rd が最高音になるキー。

一番安定しており、盛り上がりを演出しやすいキー。

長調の主和音のルートが最高音で使える

最高音がⅠの和音とⅣの和音とⅥの和音のコードトーンであることもポイントが高い。

♭+5:最高音の短2度上(半音+1) がトニックのキー (最高音ドの場合、Key=D♭)

オススメ度★★★☆☆

最高音がシの場合Key=C

Ⅰの△7th、Ⅳの#11th、Ⅵmの9th が最高音になるキー。

Ⅰの△7thはコードトーン、Ⅳの#11th、Ⅵmの9th あたりは使い勝手の良いテンションなので、コンセプト次第ではオシャレな響きに最高音を使える。

ただ、作りたい曲調によってはハマらない場合もありそう。

♭+3:最高音の短3度上(半音+3)がトニックのキー (最高音ドの場合、Key=E♭)

オススメ度★★★☆☆

最高音がラの場合Key=C

Ⅰの13th、ⅣのM3rd、ⅥmのPrime が最高音になるキー。

平行短調のルートが最高音で使えるので、短調で攻めたい場合はまず選択肢に入れたいキー。

ただ、Ⅰの時は13thになり、長調で最高音として活かすのはちょっと難しそうです。

♭+1:最高音の完全4度 (半音+5) 上がトニックのキー (最高音ドの場合、Key=F)

オススメ度★★★★★

最高音がソの場合Key=C

ⅠのP 5th、Ⅳの9th、Ⅵmの7th が最高音になるキー。

3つの和音とも最高音がいい感じでハマりやすい部分に来ています。

バランスがとれていて特にこだわりがなければ、まず試してみる価値はあるキーだと思います。

#+1:最高音の完全5度 (半音+7) 上がトニックのキー (最高音ドの場合、Key=G)

オススメ度★☆☆☆☆

最高音がファの場合Key=C

Ⅰの11th、ⅣのPrime、Ⅵmの13th が最高音になるキー。

最高音がⅣのルートに来るキーですが、Ⅳのルート(Key=Cにおけるファの音)は、どちらかというと経過音的に使う方が多く、ロングトーンや目立つ場所で使っても微妙な感じになります。

他の二つの和音に対しても、メロディとしてエモくしにくい響きのテンションになる度数になってしまうので、キャッチーさを目指す場合、最初の選択肢として選ぶキーではない気がします。

♭+4:最高音の短6度(半音+8)上がトニックのキー (最高音ドの場合、Key=A♭)

オススメ度★★★★☆

最高音がミの場合Key=C

ⅠのM3rd、Ⅳの7th、Ⅵmの5th が最高音になるキー。

最高音をⅣ△7の7thとして使いたい人向けです。

ⅠやⅥmに対してもハマりが良いので、安定感と良い感じを両立できそう。

♭+2: 最高音の短7度上 (半音+10) がトニックのキー (最高音ドの場合、Key=B♭)

オススメ度★★☆☆☆

最高音がレの場合Key=C

Ⅰの9th、Ⅳの13th、Ⅵmの11th が最高音になるキー。

どれも最高音がⅠ, Ⅳ, Ⅵmそれぞれのテンションになり、扱いが難しい。

好きな人は好きそうな響きになりそうだけれど、僕は無理して選ばないであろうキー。

その他のキー(最高音ドの場合、Key= D , A , E , B , F# )

オススメ度☆☆☆☆☆

最高音をルートに持つキーから (いわゆる五度圏を時計回りに) #+2, #+3, #+4, #+5, #+6したトニックを持つキー。

最高音がキーの音に含まれていないので、美味しく使えない。

サビで転調したり、ラスサビで半音上転調したりして上記の最高音を使うためキーへ行くための布石などでなければ、選択する意味は薄いと思います。

表に整理すると…

②可読性から考える。

同じフレーズでもキーが半音違うだけで…

誰かに曲を弾いてもらう場合、楽譜に調号が多くつくキーは(演奏を頼む相手にもよりますが)少しためらってしまいます。

たとえば、Key=D♭は調号に♭が5つ ついていますが、半音下げればKey=Cになり調号はなくなりますし、半音上げればDになり調号は#が2つです。

使用楽器がピアノなど音域に余裕がある楽器で、他人に弾いてもらう場合、特に意図がなければ演奏者が読みやすいキーを使用することも選択肢として頭の片隅にはおいています。

ちなみに、これはあくまで一般的な表記の話で、けっこう楽器によっては実音と楽譜に書いてある音や調が違うので、その部分も注意が必要です。

③他の曲との兼ね合いから考える。

「自分の曲がいつも同じキーだと聴いていて少し飽きやすくなってしまうのではないか?」と思っていて、曲ごとに意図的にキーをバラつかせるのもアイデアの一つとして面白いと思います。

ただ、僕は絶対音感を持っていないので、曲を聴いていて「このアーティストまたこのキーの曲かよ…」みたいに思ったことはないので、そこまで意味がある努力ではないかもしれません。笑

④考えない。

自分で自分の記事のタイトルを否定していくスタイル笑

色々書きましたが、1周回ってテキトーに「その時の思いのままにキーを決定する」という選択肢も持っておきたいです。

いつも色々考えてばかりだと疲れます。

まとめ

さて、今回はキーの決め方について書きましたが、いつもにも増して僕の主観多めな記事です。

たとえば、「キーのオススメ度」はかなりポップでキャッチーな価値観に立って評価を決めたので、あくまで参考程度に留めていただき、もっと他のモーダルな音楽や、転調しまくる音楽や、調性が曖昧な音楽の場合など、それぞれ別途考えてもらえればなと思います。

では!

 

コード理論大全 | 清水 響 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで清水 響のコード理論大全。アマゾンならポイント還元本が多数。清水 響作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またコード理論大全もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました