初心者がDTMを始めるのに必要な機材まとめ【録音・作曲】

音楽理論・DTM関連

みなさんこんにちは!クフルダモノーツYoshito Kimura(k1mu)です!

 

作曲がしたい!」、「録音がしたい!」でも、「何を用意したら良いか分からない!」方へ。

結論から言います! 用意する機材は

  • PC (必須)
  • DAW (必須)
  • オーディオインターフェース (必要)
  • ヘッドフォン (必要)
  • スピーカー (あった方がいい)
  • マイク&ポップガード (人による)
  • プラグインエフェクトやプラグイン音源 (人による)
  • MIDIキーボード (人による)

です!

詳しくは以下をご覧ください!(オススメ機材情報は僕の偏見を含みます。予めご了承ください。)

①PC (必須)

DTMは「デスク・トップ・ミュージック」の略なので、さすがにパソコンが無いとできません。

ただ、ノートパソコン(ラップトップ)の処理速度も上がってきたので、デスクトップじゃなくてもDTMはできます。

デスクトップかノートパソコンか

デスクトップパソコンのメリット

・ノートパソコンに比べて、スペック(性能)を高くしても価格が抑えられる

・たくさん周辺機器を接続しやすい。

ノートパソコンのメリット

持ち運びができるので、いろいろな場所で録音や音楽制作ができる。

WindowsかMacか

絶対Macだ!」と言う人もいますが、最近は別にどっちでもいいんじゃないかな…と思います。

音楽制作以外の用途ととも照らし合わせて、自分が使いやすい方を選べば良いと思います。

僕はWindowsです。

パソコンのスペック

複雑な処理をする場合は、当然PCのスペックもそれなりに必要です。

最低限プロセッサはCore i5以上、 メモリ8GB以上くらいあると良いのかなと思います。
理想はCore i7メモリ16GB以上です。

ストレージは絶対にSSDがオススメで、512GB以上は欲しいです。

Windowsで買い替えるのであれば、カスタマイズもできて安く済むBTOパソコンもオススメです。

僕は今のPCをパソコン工房で買いました。

プロセッサとかメモリとか分からないという人は、このページとかを参考にしてみてください。

②DAW (必須)

Digital Audio Workstationの略で 「ディーエーダブリュー」とか「ダウ」とか読みます 。

PCの中で音の編集をするためのソフトです。

音楽制作を”料理”にたとえると、PCが家DAWはキッチンです。

DAWにはいくつも種類があり、基本的に有料のソフトです。

機能を制限した無料安価なパッケージもあります。
しかし、作曲で使用する場合は初めから最上位のDAW導入をオススメします。

なぜなら、最上位のDAWには色々な音源プラグイン(後述)などが網羅的に含まれるからです。

学生や教職員の方はアカデミック版があるDAWは安く購入できるはずです。

Cubase

Creativity First — Steinberg
Steinberg は世界中に何百万人ものユーザーを持つ、世界最大のオーディオソフトウェア&ハードウェアメーカーの一つです。クリエイティビティの世界へようこそ!

アカデミック版

恐らく、近年最もポピュラーなDAWだと思います。

僕もメインで使っています。

Cakewalk by BandLab

BandLab: Make Music Online
The cloud platform where musicians and fans create music, collaborate, and engage with each other across the globe

Cakewalk by BandLab」は元々有料だった「Sonar」タダになったDAWです。

無料になったDAW、Cakewalk(旧SONAR)は正式に日本語化対応し、その後も着々と進化中|藤本健の “DTMステーション”
昨年「SONARが名称変更して復活!旧ユーザーは無料でアップグレード!?Cakewalkを買収したBandLabのCEOに聞いてみた!」や「シンガポールのBandLab社によりCakewalk=SONARが奇跡の復活、全...

元々有料だったDAWの機能そのまま無料で使える、ある種バグみたいな製品です。

僕はCubaseの前はSonarを使っていました。
クフルダモノーツのファーストアルバムも、Sonarで作りました。

DAWにお金をかけるのが難しい人は、この「Cakewalk by BandLab」が良いと思います。

Studio One

PreSonus | Studio One日本語ポータルサイト
WORK BETTER, FASTER、Studio One 5日本語版。スコアリング機能、ライブ・パフォーマンス用ショー・ページ、サンプル精度のゲイン・エンベロープ、リデザインされたNative Effect、拡張ミキサー・シーン、リッスン・バス、最高レベルの64-bit/384 kHzレコーディング/マスタリングな...

有料DAWの中では価格帯が安く、「音が良い」とも評判で近年人気になってきているDAWです。

アカデミック版

Logic Pro X

Logic Pro
あなたのMacを、すべてを備えた完全なプロ仕様のレコーディングスタジオに変えるLogic Pro。最初の一音から最後のマスタリングまで、ミュージシャンに必要なものが全部そろっています。

Apple社が自ら開発しているMac専用のDAWです。

安価なので、Macユーザーにはオススメの選択肢のひとつです。

Pro Tools

Pro Tools - ミュージック・ソフトウェア - Avid
最大128のオーディオ・トラックを作成できる、MacとWindowsに対応したミュージック・ソフトウェア。Pro Toolsには、60種類のバーチャル・インストゥルメント(数千のサウンド)、エフェクト、サウンド・プロセシング、ユーティリティ・プラグイン、1 GBのクラウド・ストレージ、および75種類の個別のプラグインが...

Pro Toolsは、正確には「Pro ToolsというDAWとその周辺機器の総称」です。
その名の通り大半のスタジオで使われているプロ環境向けの製品です。

ただ、価格も高い上に初心者にはややこしい部分が多い気がします。
「周りに教えてくれる人がいる」などではない場合、あまりオススメはしません


もちろん、紹介したもの以外にも色々な種類のDAWがあります。
しかし、「最近はどのDAWも色々な機能が盛り込まれており、機能面では大きな差は無い」と思います。

③オーディオインターフェース (必要)

やり方次第ではオーディオインターフェースが無くてもギリギリDTMはできますが、ほぼ必須と言っていい機材です。

簡単に説明すると、楽器マイクスピーカーなどをPCに繋ぐための機材です。

PCとの接続方法が「USB」や「Thunderbolt」などいろいろあるので、必ず自分のPCと接続できるオーディオインターフェースかどうか確認してから買いましょう!

UR22C

本体にCubaseの無料版もついてきます。初心者にはオススメです。

Universal Audio Apollo

個人でDTMをするユーザーや、小規模なシステムを組む”ガチ勢”にも人気のイメージがあります。

RME

RMEのオーディオインターフェイスは”ガチ勢“の間でよく使われているイメージです。

Studio Capture

僕は持ち運びができて、楽器をいっぱいつなげるこれ↓を使っています。

PCとの接続方法が「USB」や「Thunderbolt」などいろいろあるので、必ず自分のPCと接続できるオーディオインターフェースかどうか確認してから買いましょう!

(大事なので2回言いました)

④ヘッドフォン (必要)

音をモニターする(聴く)ためにヘッドフォンかスピーカーのどちらかは必要です。

Sony MDR-CD900ST

業務用ヘッドフォンの定番でどこのスタジオにもあります。定番のサウンドを知るという意味で持っておいて損はしないと思います。僕も持っています。

しかし、近年のロー感の強い音楽制作には微妙との声も。

YAMAHA HPH-MT8

僕は音作りやミックスをするときには「YAMAHAのHPH-MT8」をメインで使っています。

低い音から高い音まで良く分かるので便利です。

(ただ、長時間ヘッドフォンをしているのが嫌いなので、それ以外の時間はほぼiPnoneのイヤフォンを使っています笑)

SENNHEISER HD 820

「性能的にはゼンハイザーを使えば間違いない」と言う人もいます。21万円。(高い)

⑤スピーカー (あった方がいい)

ヘッドフォンは完全に両方分離した音が聞こえてきます。

適度に空気に拡散した音を確認する場合はスピーカーがあると便利です。

IK Multimedia iLoud Micro Monitor

住宅事情的に大音量を出すのが難しい人もいるかもしれません。

ただ、小型のスピーカーもあります。

YAMAHA HS5

初心者によく使われているイメージのスピーカーはこれかな…

YAMAHA MSP5 Studio

僕はこちらを使っています。

…正直に言うと、僕はスピーカーに関してあんまり詳しくありません。

ハイエンドなものを購入したい場合は、他にも色々な情報を集めたり、試したりしてみてください。

こんな意見もあります。↓

「本物の音」とは? ジム アンダーソンが解説します。 by Jim Anderson | ECLIPSE Home Audio Systems

⑥マイクロフォン&XLRケーブル  (人による)

マイクロフォン(マイク)

ヴォーカルや、アコースティックギターなど生の楽器を録音したい場合は必要になります。


マイクには大きくコンデンサーマイクダイナミックマイクの二種類があります。
(リボンマイクというのもありますけど、ここでは割愛)

ダイナミックマイク:丈夫で比較的湿度に強い。感度が低い。電源が不必要。
・コンデンサーマイク:振動や湿気に特に弱い。感度が高い 。電源が必要。
 
 もう少し詳しく知りたい方は、この記事とかを読むと分かり易いです。 

ライブ演奏ではダイナミックマイクレコーディングでは用途に合わせて両方使われます。

コンデンサーマイク」は繊細な扱いが必要で管理にも気を使います。
したがって、宅録でも「ダイナミックマイク」を使うのはアリだと思います。

SHURE SM58・SHURE SM57

ダイナミックマイクの定番といえば、ヴォーカルはSHURE SM58、楽器はSHURE SM57だと思います。(57もヴォーカルに使えます。) 

値段もそこそこなので初心者にもオススメできます。

・SHURE SM58

・SHURE SM57

NEUMANN U87Ai

コンデンサーマイクの定番は「NEUMANN   U87Ai」です。

しかし、30万円ほどします。(高い)

AT4050

僕自身はこのマイク↓を使っています。

AT2050

あまりお金は出せないけどコンデンサーを使いたい方は、AT4050の廉価版がこちら。

ポップガード

コンデンサーマイクの場合、直接マイクに向かって歌うとノイズが入る可能性があります。(“ふかれ“)

ポップガードは、”ふかれ“を防ぐためのものです。

ちなみに、頑張ればストッキングハンガー自作できます。

XLRケーブル

マイクをオーディオインターフェースに接続するときに必要になります。

⑦プラグインエフェクトやプラグイン音源  (人による)

音楽制作を料理に例えると、

プラグインエフェクト → 包丁や鍋などの調理器具

プラグイン音源 → 冷凍食品半調理食材

みたいなイメージで捉えると良いと思います。

DAWにあらかじめ付属されていますし、無料のものもあります。

しかし、有料のサードパーティーの製品も数多く発売されています。
いわゆる課金アイテム的な”DTMの沼“にあたる部分です。

プラグインエフェクト

  • EQ(イコライザー)…特定の周波数帯域だけ音量を上げたり下げたりできる
  • コンプ(コンプレッサー)…音量差を小さくしたりする
  • リバーブ…音に残響を付加する

などいろいろな種類があります。

プラグイン音源

プラグイン音源は、色々な生楽器やシンセサイザーの音をパソコン上で再現して鳴らせるものです。

最近はプラグイン音源のクオリティが上がってきましたし、利便性も相まって完全にプラグイン音源だけで作られている音源も少なくありません。

初音ミクなどヴォーカロイドもプラグイン音源の一種です。

買うときはセール時を狙おう

プラグインは基本的にセール時に買うのをオススメします。

多くはセール50%OFFや、ものによっては90%OFF以上になります。
(ここまでくるとむしろ元の値段の意味を疑いたくなりますが)

したがって、必要なものを吟味して、セールになった時に買うのが一番得だと思います。
(あまり必要ではないのに、安いだけで買うのはオススメしません。)

特に11月のブラックフライデー周辺では、一気に色々な製品が安くなります。

セール情報をブログTwitterなどで発信されている方もいるので、フォローをオススメします。

Computer Music Japan
DTM・シンセサイザーのセール・新製品など音楽制作情報サイト

⑧MIDIキーボード  (人による)

作曲をする時には、MIDI(演奏情報)をDAWに打ち込んでコンピューターに演奏をさせます。

その際にマウスでも打ち込めます。
しかし、鍵盤の演奏に慣れている人はこれを使うと便利です。

というか、使っていればそのうち慣れてくるので、鍵盤楽器を学ぶ意味でもオススメです。

KORG microKEY

非常にコンパクトで安価で、プラグインもついてくるオススメの製品です。

僕もサブで使っています。

M-Audio Keystation 88

鍵盤の数が少なくてもMIDIキーボードは、音域の切り替えができるのでさほど問題はありません。

しかし、鍵盤楽器奏者の方は88鍵盤あるものを使った方がストレスが少ないかもしれません。

まとめ

3~5万円くらいあればDTMは始められる

色々紹介してきました。
まとめると、パソコンに加えて3~5万円くらいあればDTMは始められると思います。

また、最低限必要なものが一通りセットになった初心者セットも売ってます。
やってみたいと思ったら、まずチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

上達してから良い機材や楽器を使う?

一方で、初めからなるべく良いものを使うメリットも紹介します。

「上達してから良い機材や楽器を使おう」と言う人もいます。
しかし、良い機材、良い楽器、良い環境で学ぶからこそ上達するのだと思います。

最初から大金を出せる人は多くないと思います。
ただ、 「安物買いの銭失い」とも言います。

良い道具を使うと上達に繋がりますし、上級者が使う道具は選ばれるだけの理由があります。


したがって、それらも踏まえた上で、予算を考えてもいいんじゃないかなと思います。

この記事が参考になれば幸いです!

では!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

タイトルとURLをコピーしました