初心者に「音楽理論が何か」を本気で教える。【専門用語ナシ!】

音楽理論・DTM関連
みなさんこんにちは!クフルダモノーツのYoshito Kimura(k1mu)です!
みなさんこんにちは!クフルダモノーツのYoshito Kimura(k1mu)です!

こんにちは。クフルダモノーツのk1muです!

「音楽理論が何か知りたい」人へ

できるだけ、専門的な知識ゼロでも読めるように心掛けて書きました。

Q.音楽理論とは何か?

おおざっぱに音楽理論とは、

・過去の音楽家たちがやったことを整理(体系化)したもの

・色々な音楽の”王道”や”定番”をまとめたもの

です。

 

…たとえるなら、国語の「文法」「例文のまとめ」

腕利きの料理人たちの「料理のレシピ」だと考えてください。

Q.音楽理論を知るメリットは?

音楽理論の習得には、大きく4つのメリットがあると思います。

 

①フレーズを作る助けになる。

オリジナル曲作り、アレンジ、アドリブなどに役立ちます。

 

②音をひとつひとつ聴きとらなくても予想が立てられる。

→耳コピや採譜が楽になります。

 

③理論を知っている人同士なら、言葉で意思疎通ができる。

→他の人と音楽をする時に、お互いの考えを伝えやすくなります。

 

④既存の楽曲を分析できる。

→曲を覚えるのが楽になったり、フレーズの引き出しが増えやすくなったりします。

Q.音楽理論を守らないとどうなる?

A.”そのジャンルの音楽に聴こえない可能性”が上がっていく。

たとえば、クラシックの理論(手法)を破って、ロックの理論を持ち込むとします。

すると、ただクラシックに聴こえる要素が薄くなっていくだけです。

 

しかし、その結果曲が良いか悪いかはまた別の問題です。

Yngwie Malmsteen – Far Beyond The Sun (Live)
↑ロック・ギターにクラシック音楽の要素を盛り込んだギタリストのイングヴェイマルムスティーン さん

 

料理でたとえると

カレーを作るレシピは、大まかに

「肉・玉ねぎ・ジャガイモなどの材料を炒めて、最後にカレールーを入れる」 ですね。

では、このレシピを無視してカレールーを入れずに、醤油や砂糖やみりんを入れるとします。

多くの人は、この料理を「カレーじゃなくて、肉じゃが!」と感じるはずです。

しかし、この料理が美味しいかどうかは別の問題ですよね。

  

このように、ある特定のジャンルの「音楽理論」での禁則が、また別の「音楽理論」においては定番のサウンドになる こともあり得ます。

細かく考えていけば、ジャンルや、流派や、先生や、ミュージシャンの数だけ理論があると言えます。

 

ある意味、音楽理論を「破ること」「新しい音楽理論やジャンルを作ること」です。

したがって、ジャンルを固定しなければ「正解」も「禁止事項」も無いとも言えます。

音楽理論にはいろいろな流派があるけど…

かといって、どの「音楽理論」も全く違う内容ではありません

同じものを違った視点から解釈したり、そのジャンルに特化したまとめ方をしたりしている場合がほとんどだと感じます。

 

そして、僕の体感として大まかに、クラシック系ジャズ系に分かれる気がします。

僕個人は、この2択で言うと最初はジャズ系の勉強から始めました。

Q.音楽理論を知ると、自由に音楽ができなくなる?

勉強をやり始めてしばらくは、”音の使い方を制限されている感“や、”息苦しさ“を感じる人もいるかもしれません。

しかし、学習を進めていくと「これもありなのね…」、「あれもいけるのか…」と 音の使い方は網羅されていきます。

そして

結局”やってはいけないことは無い”状態に落ち着く

ので”使える音が制限される”ことは無い はずです。

 

ただ、この問いに真面目に答えると最終的には、”あなたが何をもって「自由に音楽をする」を定義しているか“によると思うので、人によります。

Q.セオリーにとらわれたくない人は、勉強しない方が良い?

理論や、ジャンルのセオリーにとらわれない音楽をしたい!」と考える人もいるでしょう。

僕は、そういう方にこそ音楽理論を学ぶことをオススメします。

 

なぜなら、本当に”セオリーにとらわれない音楽“をするためには

逆に「”セオリーにとらわれた音楽”」を把握して意図せず「既存の音楽ジャンルにカブること」 を避ける必要があるからです。

 

そして、そのためには既存の音楽の分析が必要で、分析には音楽理論の知識が必要です。

したがって、”セオリーにとらわれない音楽“をしたい人ほど、音楽理論の勉強が必要になると思います。

「型があるから型破り、型がなければ形無し」 

十八代目 中村勘三郎

Q.音楽理論の習得って大変なの?

音楽理論の勉強は「オープンワールドのRPGに似ている」と感じます。

 

ゲームには、単純なクリアには必要ないやりこみ要素もあります。

同じように、音楽理論も隅から隅まで絶対に理解する必要はないと思います。

最初は「使えそうなところをつまみ食いする」くらいの気持ちでいいかもしれません。

そして、この記事の内容は、ゲームのマップ(地図) みたいなものだと考えてください。

マップは攻略の方向性を知るために役立ちますが、細かいことは実際にそのダンジョンに行かないと分からないですよね。

この記事も、大まかなイメージを捉えることを目的として書いたので、細かい専門知識などは極力省きました。

 

ちなみに、”オープンワールド”と例えたのは、ある程度ぼんやりとした学習の道筋はあっても、決まった勉強の順番は無いからです。

「理解」と「修得」は違う

音楽理論の内容は、話を聞いたり、本を読んだりするとなんとなく”理解“できます。(この記事の趣旨もそれ)

しかし 、実戦で使えるレベルまで”修得”するには、それなりの時間が必要です。

ただ、反対に難しいと構えすぎるのもよくないと思います。

音楽をする上での”音楽理論”の位置づけ

国語でも、数学でも 何でも「○○が “できる”状態」とは

○○を使ってインプットやアウトプットができること

(=思考力・判断力・表現力の獲得)だと思います。

 

さて。日本の義務教育では、国語を“できる”ようにさせるために

主に「話す聞く書く読むという4つの切り口から教育をしています。

 

みなさんも、この記事を読み進めているので、ある程度国語は”できる”はずです。

義務教育を受けて、“日本語が全くできない人”はあまりいないので、この教育の方法それなりに効果があると考えられます。

 

一方、音楽も義務教育に含まれていますが…

国語に比べて”できる”人が少ない気がします。

 

もちろん、国語と音楽では授業の時間数や、日常生活で使う頻度の差もあります。

しかし、「音楽は国語と同じように教育をしていない」ことも原因だと感じます。

 

それは、どういう意味か。

表に整理したのでご覧ください。

参考:小学校学習指導要領

このように、義務教育の国語学習の内容音楽学習に置き換えた場合緑色の文字の部分はあまりやられていない場合が多いです。

 

つまり、ここから

「音楽ができるようになるため」には音楽理論の勉強だけでなく、「写譜」や「作曲」など他の要素も同時に学習すると良い

と考えられると思います。

 

たとえば

日本語の文法を知っているからといって、簡単に面白い小説は書けません。

料理のレシピを読んだからといって、すぐにプロの料理人のような料理はできません。

 

音楽も同じように、良い演奏をするためには楽器の練習を、良い曲を作るためには作曲続ける必要があるはずです。

ただ僕は、音楽理論はそれらの練習・研鑽の強力な味方だと捉えています。  

「実践なき理論は空虚である。理論なき実践は無謀である。」

ピーター・ドラッカー

…念のために言っておくと、音楽教育のくだりは先生への批判ではなく

義務教育が国語ほどガチで音楽を教育する方針ではない」

そして「国語の勉強のやり方を真似すれば効果があるんじゃないか」という意味です。

何でも学校の先生の責任にするのはやめましょう。笑

Q.具体的に何をどんな順番で勉強すればいいのか?

さて、ここまで音楽理論について説明してみました。

ここまでの内容を読んで音楽理論に興味が出てきた人もいると思います。

 

しかし、「勉強したい!」とは思っても、

最初は何から手を付けたらいいか分からない状態ではないでしょうか。

 

そこで、「僕が教えるとしたらこうするかな…」と考える

学習の順番注意点

学習に使えるオススメのサイトや本などを、別記事↓にまとめました。

音楽理論を勉強したいと思った方は、是非こちらの記事も参考にしてみてください!

 

では!

タイトルとURLをコピーしました