ドミナントコード上で使えるスケールとテンションをまとめた表

ドミナントコード上で使える主なスケール(ドミナントスケール)と、対応するテンションノートをまとめた表です。

ドミナントコード上で使えるスケールとテンションをまとめた表

スケールの名前
♭9th
9th
#9th
11th
#11th
♭13th
13th
オルタード(スーパーロクリアン)♭9th#9th#11th♭13th
ホールトーン9th#11th♭13th
スパニッシュ・8ノート♭9th#9th11th♭13th
フリジアン・ドミナント(ハーモニックマイナー・パーフェクト5thビロウ)♭9th11th♭13th
メロディック・メジャー(ミクソリディアン♭6th,エオリアン♮3rd)9th11th♭13th
コンビネーション・オブ・ディミニッシュ♭9th#9th#11th13th
リディアン♭7th(リディアン・ドミナント,ミクソリディアン♯4th)9th#11th13th
フリジアン♭4th♭9th#9th13th
ミクソリディアン♭2nd♭9th11th13th
ミクソリディアン9th11th13th

使い方

上記のシートは並び変えが出来ます。

使いたいコードに含まれるテンションでスケールを並び変えると、使えるスケールが分かります。

例:Fm/G

たとえば、「Fm/G」コードをディグリー(度数)に直すと、「♭Ⅶm/Ⅰ」で

コード構成音は「Ⅰ(ソ)」、「♭Ⅶ(ファ)」、「♭9th(ラ♭)」、「11th(ド)」になります。

※ドミナントスケールを考える時はキーの度数と関係なく、そのコードのベース音を”Ⅰ”と考えるため。

上の表で使いたいテンションである「♭9th」と「11th」の項目をクリックしてスケールの並び替えをします。

すると、このテンションを使用したスケールが「(G)スパニッシュ・8ノート」、「(G)フリジアンドミナント」、「(G)ミクソリディアン♭2nd」であることが分かります。

あとは前後の流れや、サウンド感などから任意のスケールを選んで使います。

タイトルとURLをコピーしました