緊急地震速報でアドリブ

音楽理論・DTM関連

ふと、「緊急地震速報でアドリブしたらどうなるのか…」
と思ったので、実際にやってみました。

※この動画は純粋な音楽的興味に基づく作品であり、実際の地震には関係ありません。
※緊急地震速報を聴くことに恐怖心のある方には視聴をおすすめしません。

緊急地震速報でアドリブ

緊急地震速報について

まず、基本的なことですが、「緊急地震速報」といえば、

ティロンティロン! ティロンティロン!

緊急地震速報の音

というあの音で、少し聴くにはキツイというか、
大半の人には「心地よい」とは思えない音に聴こえると思います。

もちろん非常事態を知らせるための音なので
意図的にそうしているんだと思いますけれど…

では、なぜ気持ち悪く聞こえるのか。
一応これは音楽理論的に説明ができます。

緊急地震速報の構成音

緊急地震速報の音の和音(コード)を構成している音は低い方から
ソ、ド、ミ、シ♭、レ♯ → ソ♯、ド♯、ファ、シ、ミ

の繰り返しです。

これら構成音をコードネームに変換すると

C7(#9) /G→C♯7(#9) /G♯

となります。
(展開形なので、単純に構成音だけで考えると、C7(#9)→C♯7(#9)です)

これはどちらも「セブンスコード(属七の和音)」に、
ルートから長9度の音(=♯9のテンション)が加えられた

「セブンス シャープナインス」というコード(の展開形)になります。

セブンス シャープナインス の響き

4和音の中でも「セブンスコード」というコードは不安定な響きのする和音です。

その中でも「セブンス シャープナインス」は

さらにセブンスコードの構成音と不協和な関係にあたる

長9度の音(=♯9のテンション)が加えられたコードなので、

かなり不安定で緊張感を持った響きを持つコードになるわけです。

このように音楽理論的にかなり不安定に感じる技法を盛り込むことによって

緊急地震速報は大半の人が「心地よい」とは思わない、非常事態を感じる音に聴こえさせることに成功しているんだと思います。

使っちゃダメじゃない。

「そっか、そんな不安定で普段使われていないようなコードだから気持ち悪いのか」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

音楽的には「不安定」=「使ってはいけない」という事ではありません。

不断よく耳にするような西洋の音楽理論に基づく一般的な音楽は
「安定(トニック)→不安定(ドミナント)→安定(トニック)」という
運動を繰りかえすことが一つ大きなセオリー(定番)になっています。

不安定な和音が無ければ、ほとんどの曲が成り立たなくなるといっても過言ではありません。

ジミヘン・コード

また、「普段使われていない」と感じるのは恐らく錯覚です。

コードの響きというのは

前後の流れによって全く役割や印象が変わってしまいます。

緊急地震速報のように

「半音違いで「セブンスシャープナインス」のコードを鳴らす」

ということが普段あまり無いため「セブンスシャープナインス」の響きを

普段聴かない響きのように感じるかもしれませんが

実際には「セブンスシャープナインス」のコードは
オシャレな音楽(ジャズなど)では普通にバンバン使われていますし、

ロックでも、かの有名なギタリストジミ・ヘンドリックスが多用したことから
「ジミヘン・コード」というあだ名が付くほどです。

The Jimi Hendrix Experience – Purple Haze (Music Video)
21秒あたりからのリフにジミヘンコード(セブンス シャープナインス)の響きが。

アドリブの考え方について

このアドリブの発想・考え方について説明したいと思います。

まず、このアドリブは、緊急地震速報の音を…
「モード的な解釈」と言えばいいんでしょうか…

分かり易く(?)言うとコードの切り替わりが速いので

C7(#9) /G→C♯7(#9) /G♯

というひとつのリフみたいな感じとして捉えるという方向でいこうと思いました。

そして、ただでさえ不安定なジミヘンコードが半音ズレて鳴るという楽しいリフなので

「普通のメジャースケールとかマイナースケールでアドリブするのは難しいかな」と思いました。
(後から冷静に考えればそうでもなかったですけど(笑))

じゃあ、どうしよう…と考えまして…。

この二つのコードC7(#9) /G→C♯7(#9) /G♯の
構成音をすべてまとめると

ド ド♯ レ♯ ミ ファ ソ ソ♯ シ シ♭
 半  全  半 半  全 半  全 半

要するに12種類ある音のうち11音が鳴ってます。
この上で使えそうなスケールは無いか…。

7th(♯9)「=セブンスシャープナインス」のコードが単体なら、
普通はいわゆる「ドミナントの6スケール」の中から♯9のテンションを含む
オルタードスケールコンビネーションオブディミニッシュトスケール
使うと思うんですけど

Cオルタードスケールや、Cコンビネーションオブディミニッシュトスケールで
弾くと唯一12音のうち鳴っていない「ファ♯」を使うことになってしまって
「それもうクロマチック(12音全部)やん」
ということにもなってしまいそうです。

(まぁ…「ファ♯」だけ避けて使えばいい話ではありますし
ある意味このコードリフの上なら考え方次第で
どのスケールでも使えるんじゃねと今なら思いますけど(笑))

フリジアン♭4thスケール

と…少し考えて…使えそうだなと思いついたのが

ハーモニックメジャーの第3モードの
「フリジアン♭4thスケール」

ド ド♯ レ♯ ミ ソ ソ♯ シ♭

これいわゆる「ドミナントの6スケール」ではないので
あんまり(ていうか殆ど)見かけないですけど
ハーモニックメジャーの三番目のダイアトニックコードが
Ⅲ7で、その上に立ち上がるスケールなので
ドミナントセブンスコードの上で使えます。
(あんまり使ってる人見たことないですけど)

この「フリジアン♭4thスケール」スケールの構成音的には
7thコードのコードトーン+♭9th,♯9th,♭13thのテンション
という感じなので♯11にあたる「ファ♯」も含まれず

おお、これはいい感じ!これ使おう!

となって

緊急地震速報でアドリブ

↑の動画ようになりました(笑)

なんというか…緊急地震速報でアドリブという
馬鹿なんだか真面目なんだかわからない試みの上に
今まで使うことは皆無に等しかったフリジアン♭4thスケールを
使っているので使い方もよくわからず色々な意味で
ぎこちない感が溢れ出て言いますが

なんだかなんだ良い経験になったと思います!(笑)

タイトルとURLをコピーしました