ジェロの「海雪」がヤバい。

音楽理論・DTM関連


※この記事は2013年に自分が書いたものをリライトしています。

先日、友達と「ジェロの『 海雪 』がヤバい」

という話になったんですけど、ジェロさんの「海雪」はヤバいですよ。

ヤバい。

何がヤバいって楽曲のとしての完成度がヤバい。

「俺選・今年聴いた良質な楽曲ランキング2013(仮)」の
上位に食い込むであろう圧倒的完成度。

2008年2月20日に発売され、メディアにも結構取り上げられていたのにも関わらず
最近までまともにチェックしていなかったのが本当に悔やまれます。

何がそんなに凄いのか。
簡単に言うと、色々な要素を取り入れているのに
ちゃんと演歌していて かつカッコいいということですかね…

では、細かく見ていきましょう。

イントロの数秒間のヤバさ

ジェロ Jero – 海雪(MUSIC VIDEO)

演歌とヒップホップ

まずイントロの冒頭ですが、「ジャッ!ジャッ!ジャッ!ジャッ!」
の部分は、コード感にかなり演歌のテイストを感じる反面、
シンセサウンドを絡めた音作りは完全に 「hip hop」としか思えません。

いかにも数秒後に「hey YO!」とか言い出しそうな雰囲気でしょう?

もう、この冒頭の

「ジャッ!ジャッ!ジャッ!ジャッ!テレレレテレレレ…」

をバックにループしながらラッパーがリリックを刻みだしても恐らくなんら違和感はない。

そのくらいの勢いでこの部分は

Atmosphere of the hip hop.(ヒップホップの雰囲気)

しかし、楽曲開始10秒あたりで尺八の音色とともに、一気にガラッと曲が演歌調に。

この相容れなさそうな二つの要素を完全に融合しているところがヤバい。

まるで~プロ~グ~レ~♪

曲の構成のヤバさ

通常、曲と言うのは基本的に4の倍数の小節で進行していくのが基本的なルールです。

しかし、「海雪」のイントロのhip hopゾーンから演歌ゾーンへ移行する

(尺八が入ってくる)部分は、曲が開始して8小節目にあたり、

「hip hopゾーン」は7小節で終わるわけです。

さらに、開始8小節目から尺八のメロディが入りますが、
この尺八から演歌ゾーンも、3小節で終わります。


つまり、ここだけで「曲は基本的に4小節周期で進行するルール」を

2連続で破壊してきているわけです。

ヤバい。

音階のヤバさ

ヤバいのはリズム面だけではありません。

この変わり目の尺八のメロディがド♯~ソ~♪なんですが、
この曲のキーはF♯m(嬰ヘ短調)なので、本来はソの含まれていません。
(嬰ヘ短調はファ♯ ソ♯ ラ シ ド♯ レ ミ)

ここでいきなり音階に存在しない音を入れてくるか…ヤバい。

…とはいっても「ソ」を無理やり短音階に混ぜているという発想ではなく、
この部分だけ日本的な音階(陰音階)にモードチェンジするというアプローチだと思います。

ここでいきなり予想を裏切る音をぶち込んでくることで
強烈なインパクトを与えているわけです。

一体…この10秒やそこらでどこまでやれば気が済むんですか…。
もはやこれはプログレといっても過言ではない…。(???)

※追記:これを書いた後CDを購入したのですが、CD音源ではMVのここで言う「hip hopゾーン」が無く、尺八の部分から曲がスタートするみたいですねw いや、それでも海雪の楽曲の素晴らしさには変わりはないですよ!

前奏

そして、前奏の演歌っぽいゾーンが始まるわけですが
決して演歌テイストといって侮ってはいけない!

まずはギターソロ!なんですか、この泣きのソロは!
普通に物凄くカッコいい!

そして、ギターソロに耳を取られて聞き落しがちかもしれませんが、

ここでの兵(つわもの)はベースですよ。

こんだけ演歌テイストなのに後ろでファンキーな
スラップ奏法(弦を引っ張ったり叩いたりして打楽器チックな音を出す奏法)を
バチバチやってますからね。

しかも、また、それが最高にハマっててカッコいい。

この曲全編に言えることなんですが、ある意味邪道なことをしまくってるのに
王道な雰囲気を壊していないことが凄いです。

いやぁ…イントロだけでどれだけ魅せてくるんでしょうね。
ハンパ無いですね。ヤバい。

Aメロ

…いよいよ歌が始まります。

…こォ ごぉ えるぅ…

もう、まず純粋にジェロさんの歌がめっちゃ上手い。

発音も曲を聞いただけなら生粋の日本人としか思えない。

「演歌界の黒船」という異名が、伊達じゃないことが分かります。

Aメロのメロディは演歌調なんですが

バックのドラムはブレイクビーツっぽくて ここでもまた一筋縄ではいかないアレンジ。

そしてちょくちょく入ってくる ギターのオブリガートがまたカッコいい。ヤバい。

Bメロ

で、Bメロに入りますが、このBメロも何気に凄いですよね。

これ、個人的にサビで来てもいいようなメロディだと思うんです。

でも、ここから更にサビにかけて盛り上げますからね。
なかなか こういうメロディの扱いは(作曲家的視点で)感動しました。

そして、そのサビへの入りですが、ジャージャ!ジャージャー…
と演歌の王道なリズムを抑えつつ、

…しかし!

そのメロディラインはギターが主導、しかもサビ直前でギターが

強烈なピッキングハーモニクスを鳴らします。

ピュィイイイイ!みたいなやつです。

なんというか、ピッキングハーモニクスっていうヘヴィメタル的な要素
なんの臆面も無くぶち込んでくるこの感じが最高にクールですね。 ヤバい。

サビ

そして、ついにサビ!

「あなた追って出雲崎悲しみの日本海
愛を見失い岸壁の上落ちる涙は積もる事の無い
まるで海雪。」

テンポがよく、覚えやすく、かつ、インパクトのあるメロディラインです。
そして歌詞も良い!情景がイメージしやすいですね。

ちなみにジェロさんは、曲の公開当時は、冬の日本海を見たことが無かったため、
カリフォルニア州の海をイメージしつつ歌ったらしい
です。

こういう努力や心掛けみたいなものが曲のクオリティを上げていくんでしょうね。

…にしても、サビでも相変わらず色々な場所でさりげなく
ギターとベースがとてもいい仕事をしていますね。

ホントこの曲、オケのカッコ良さハンパ無いです。
そこら辺のロックバンドよりロックしていますよ。

しかし、かといって、ヴォーカルラインの邪魔をしているわけでもない。素晴らしいです。

そうしているうちに、サビの終わりですけど、ここもピアノ、尺八、ギターと流れるように
メロディが編まれていて凄く良い。最初聴いた時、鳥肌が立ちましたね。

曲構成

そして、この後この楽曲は2番Aメロ~サビが終わり、もう一度サビ…

という構成になっていますが、

この3回目のサビで半音上のGmキーに転調という
ベタベタの転調をするわけです。

ここまで色々なことをしてきてここでベタ、王道な「半音上転調!」

この行きすぎないバランス感覚!

恐るべし…ですよ。

ラストのサビはジェロさんも一段と
”こぶし”をきかせて歌っていますしホントにカッコいい。

そして、最後、アウトロですけどこれでもかっていうくらい
最後にまた泣きのギターソロを入れて来ています。
何回も言いますが、 カッコいい。 ヤバい。

結論:ヤバい。

音楽が好きとはいえ、決して演歌世代では無い僕の心にここまで響く、

これは凄まじい楽曲ですね。

長くなってしまいましたが、この素晴らしい曲に出会えた感動は

なかなか味わえたものではないので文面に書き起こして悔いはないです!

jero 海雪 dance

追記

ジェロさんは、2018年5月11日、芸能活動を休止することを自身の公式ホームページに表明され、現在は外資系のIT企業に就職してコンピュータ関連の仕事をされているようです。

ファンの方は寂しさもあるかと思いますが、もともと大学でコンピューター関連のことを学んでいたようですし、歌だけでなくそちらの才能もすごいのでしょう。

それにTwitterの更新は続けられているみたいです。

Amazon Music - ジェロの海雪 - Amazon.co.jp
Amazon Musicでジェロの海雪 をチェック。Amazon.co.jpにてストリーミング、CD、またはダウンロードでお楽しみください。



タイトルとURLをコピーしました