初心者におくる ミックスでのイコライザーの使い方

初心者におくる ミックスでのイコライザーの使い方 サムネイル 音楽理論・DTM関連

どうもクフルダモノーツのk1muです。かれこれ10年くらいDTMでミックスをしてます。

今回はミックス初心者の方に向けて、自分が「もっと早く知っていたらよかったなー」と思うイコライザー(EQ)に関係する知識をシェアしようと思います。

ただ、「これ通りにやれば正解!」とかではなく、ミックスは試行錯誤がとても重要だと考えているので、その視点を持った上で読んでいただければ!と思います!

はじめに:イコライザーの使用目的を明確にする 。

イコライザーは、狙った周波数帯域の音量を上げたり下げたりできるエフェクターです。

僕は、イコライザーを使う目的は大まかに3つあると思っていて、それは

①音作りをする。(音作り的処理)

②他の楽器との混ざりを良くする。(ミックス的処理)

③音質を整える。(マスタリング的処理)

です。

イコライザーを使うときは「今どの目的でイコライザーを使っているのか?」を意識して、それぞれの目的に応じた処理をすると良い結果になりやすいと思います。

それでは、順番に詳しく見ていきましょう。

①音作りをする。(音作り的処理)

ここで言う”音作り“とは「原音がどんな距離感や重心で鳴っているか」や、「どんなキャラクターの音にしたいか」を決めることです。

この段階では、他の音との兼ね合いではなく「その音をどういう音にしたいか」という目的のためにイコライザーを使用します。

ギターアンプのトレブルやミッドやローのツマミを回すのもそうですし、

シンセサイザーでフィルターをかけるのもそうです。

したがって、”音作り“が目的であれば結構大胆にイコライザーを使う場合もあるかもしれません。

具体的な数値としては、3dbを超える上げ下げをする場合もあると思います。

②他の楽器との混ざりを良くする。(ミックス的処理)

今回のメイントピックです。

ミックスでは、音楽の中で音と音が良い関係性で聴こえるようにすることが必要です。

単体で聴いてその音が良いか悪いか よりも、曲全体の中でのバランスが重要です。

そのために、イコライザーがやるメインの仕事は「不必要に被っている帯域の調整」です。

たとえば、バスドラムとベースギターなど同じような周波数帯域の要素を多く持つ楽器の音同士は、干渉してお互いに聴こえにくくなることがあります。

これを周波数マスキングと言います。

こういった問題を解決するために 特定の周波数帯域の音量を上げたり下げたりできるイコライザーを使うわけです。

※「曲の中でのバランスをとること」が目的で、「周波数マスキングを完全に取り除くこと」が目的ではありません。

しかし、最初からイコライザーは使わない。

ミックスを始めたばかりの僕がそうだったんですが、イコライザーの操作をしていると”ミックスをやっている感”が出るので、つい余計に触ってしまいがちだったりしました。

しかし、ミックスをする時は最初から安易にイコライザーを触らない方が良いと思います。

では何をするか。

楽器や声の音の被りやバランスは、まずヴォリューム(音量)の上げ下げと、パンポット(定位)の調整だけで対応します。

上手くやればこれだけで7、8割くらいはスッキリすると思います。

アレンジとミックスの話

ちょっと脱線になりますが、「最初からイコライザーを使わずに、まずはヴォリューム(音量)の上げ下げと、パンポット(定位)の調整 で対応するべき理由」を紹介したいと思います。

それは、一般的な楽器の編成とアレンジをしている曲であれば、もともと同じ帯域が過剰に被らないようになっていますし、概ねそうであるべきだと思うからです。

今でこそ色々なエフェクトによる調整が出来るので、作曲やアレンジの時にさほど何も考えずに色々な楽器やフレーズをバンバン入れてしまいがちですが(それが絶対に悪いわけではないですが)昔はそういったことはできませんでした。

オーケストラの編成などが典型的ですが、一昔前はイコライザー自体が無かったので、編曲によって音の不要な干渉を避けなければいけなかったわけです。

モルダウ・「我が祖国」より

たとえば、高音楽器(ヴァイオリン)などに比べて、低音楽器(コントラバスとか)の人数が少なめなのは低音の方が音量感があるためだったり。

同じ高音楽器でも、倍音成分が多くて音のヌケが良いトライアングルとかは1人だったり。

他にも、ポピュラーなオーケストラの編成ではヴァイオリンが左側に居ますが、これは「大体の人の利き耳が右なので、聴き取り易い高音を利き耳では無い左側に配置するためではないか」という考察も前に見たことがあります。

これは、ミックスで定位(パンポット)の調整の考え方ですね。

※じゃあ、「なんでコントラバスが中心に居ないんだ」と思う人も居るかもしれませんが、コントラバスはエンドピン(下についる棒みたいなやつ)で床に接していますよね。だから、コントラバスの音は床も音の共鳴に使っており、結局ステージ真ん中から音が響いてきている感じがするから らしいです。

こういったように、昔は楽器の編成やアレンジでミックスのようなことをしていたわけです。

ですから、現代でもミックスを独立した工程だと思わずに作曲、アレンジ、レコーディング、ミックス、マスタリングを連続した工程と捉える視点は大切だと思います。

特に自分で作った曲を自分でミックスする方は、問題を感じたらアレンジまで立ち返って

・和音のボイシングを変える

使う音色を変える

など 試してみることは有効な手段の一つだと思います。

主にカットする方向で使う。

さて、 ヴォリューム(音量)の上げ下げと、パンポット(定位)の調整が終わったらいよいよ(多分)イコライザーの出番です。

この段階でイコライザーが不必要であれば無理に使う必要はありません。 

しかし、違う状況下で録音された音源を混ぜ合わせるのであれば、イコライザーでの調整が必要になる場合も多いと思います。

そして、使い方ですが基本的にミックスでのイコライザーは、カットする方向で使うことをオススメします。

反対に「ブーストにはあんまり使わない方が良い…」くらいに思っておいたほうが良いです。

なぜなら、 ミックスにおけるイコライザーの使用は「不必要に被っている帯域を調整すること」 を目的としているからです。

なるべく複数の帯域をいじらない。

イコライザーのプラグインはEQポイントを5個とか10個とか設定できるので、つい色々なところをイコライジングしてしまいがちになります。

初心者がミックスでやってしまいがちな謎EQの例。元の音の面影は粉砕されている。

しかし、目安としては”明確な意図“が無い限り、一つの音に対してイコライジングをする場所は2~3か所前後で留めるくらいが良い場合が多いと思います。

複数の帯域を大幅にイコライジングすると、元の音のバランスが大きく変わってしまう可能性が高いです。

したがって、音作りまで立ち返ってやるならまだしもミックス的発想ではあまりやるべきではないと思います。(もちろん絶対的なルールではありませんが。)

僕はこのくらい控えめで使うこともあります。

調整する音量の幅

そして、調整する音量は1.5db前後、マックス3dbくらいまでを目安にするのがオススメです。

それ以上は「調整ではなく音作りになる」と僕は思っているので、 仮に3db 以上イコライジングする必要があるなら、音作りヴォリューム(音量)の上げ下げパンポット(定位)の調整に戻った方が良いと思います。

「そんなちょっとでいいの?」と思う人もいるかもしれませんが、これがイコライジングではなくトラックのヴォリューム調整だと考えてみてください。

3db上げたり下げたりすると、かなり印象が変わりますよね。

イコライジングだと忘れてしまいがちですが、 3dbの増減はわりと大きな違いです。

ローカットはする?しない?

ローカットをするとスッキリする。それは悪魔のささやき?

「中低域(100~350Hz)あたりの音がたくさん鳴っていると、高域がマスキングされて音がモワモワして篭ってしまうので、ローカットフィルター(ハイパスフィルター)を使うのが有効!」

…と言っている人が結構います。

ぶっちゃけ僕もかなり昔はそう思っていました。

が、現在は基本的にローカットはしないほうが良いと思っています。

なぜなら、マスキングによるモワモワ感は低域全体ではなく、中低域の特定の帯域が原因で起こることが多いですし、 トラック間のヴォリュームを整えた後であれば、そのカブっている帯域を1.5db前後調整するだけで改善できる場合が多いからです。

また、イコライザーを使わなくとも音場の作り方を工夫するコンプレッサーを活用するイメージャープラグインで低域のワイド感をコントロールするなどさまざまな対策も考えられます。

そもそも、モワモワしていると感じる原因は、中低域に鳴る音同士のマスキングではなく、リバーブや空間系のかけすぎや、楽器の定位による問題であることも多いんじゃないかなぁ…とも思います。

反対にローカットを入れることは、指定された周波数以下の帯域を(-12dbとか-24dbとか)極端に削る行為です。

たしかに、ローカットで低域を全部切るとなんとなくスッキリした感は出ますし、それだけガッツリ削れば干渉する帯域も無くなるでしょう。

ただ、迫力に関係してくるオイシイ低域成分なども、ほぼ全て無くなってしまいます

本当は一部の帯域だけを少し調整すればいいのに、ローカットを入れて低域を全てバッサリ切り落としてしまうのはもったいないと思いませんか?

したがって、ここ数年ローカットは明確な意図が無い場合あんまりやらない方が良いと思うようになりました。

もちろん、最終的には”ジャンル”や”目指している音”によると思いますし、 目的が音作りや、低域のノイズの除去ならローカットをすることはあると思います。

ですから、「ローカットを絶対しない方が良い!」というわけではないと思いますが、少なくともやる前に一考する価値はあると思います。

③音質を整える。(マスタリング的処理)

控えめな処理

マスタリングの段階になってくると、ミックスと比べてさらに繊細な処理になります。

質感を操作する感じの工程なので、大きくパラメーターをいじることはほぼないと思います。

具体的には(ミックスで大失敗して後戻りができない場合でもない限り)マスターバスに刺したイコライザーは、1db前後以下くらいのオーダーで調整するのに留めるのが無難だと思います。

お金 is パワーな側面がある。

音楽系の機材には、どれもそういう側面があるかもしれませんが、マスタリング処理には特に「お金 is パワーな側面」を感じる部分もあります。

もちろん普通のEQプラグインで処理をしても悪いわけではありませんが、マスタリング処理には非常に繊細な質感が求められるので、 実機で数十万から数百万、プラグインでも数万円など高価なものが使われていることも多いです。

しかも、微妙な差を追及していく工程なので、モニターする環境が貧弱ではそもそも違いが分かりづらいです。

「実機の超高級なEQ(数十万~百万円越え!)を高価なモニタリング環境(数十万のスピーカー)で使うのが結局最高! 」 と言う人もいます。

そりゃあ良いだろうけど…!笑

たしかに、音が悪いと曲の魅力がかなり半減してしまいますし、良い機材を使い、良い音を知っていた方が目指すべき音の良さが分かって経験値も上がりやすいです。

ですが一方で、普通の人は機材にかけられるお金は限られていますし、仮に際限なく音の良さを追求したとして、音が良い曲だけでは必ずしも良い音楽になるとは限りません

知識や経験で機材の値段を覆す音を出せる場合もあります。

「音の良さ」にどこまでお金をかけるのか。これは難しい問題です。

イコライジングをする帯域の見つけ方

さて、イコライザーの使い方のシチュエーションを3つに分けて書いてきましたが、

カットするにせよ、ブーストするにせよ

そもそも 「イコライジングをする帯域の見つけ方」が分からないことがあるかと思います。

最終的に経験値がものをいう部分もあると思いますが、”経験値を積む”以外で使えそうな方法や考え方いくつかを紹介したいと思います。

各周波数帯域ごとの音にイメージを持つ。

まず、一般的に人間の可聴領域(音が聞こえる範囲)の周波数は 20~20,000Hzだと言われています。

個人差があったり、年齢とともに狭くなってきたりもしますが、概ねが大体この範囲におさまっています。

音楽は人間が楽しむものですので、やはり音楽で扱う”音”も 主にこの 20~20000Hz の中の音を使います。 (ハイサンプリングレート録音とかもありますが)

人間の可聴領域を7つに分類する。

しかし、このままでは大雑把すぎるので、もう少し細かい範囲でも考えます。

具体的には、人間の可聴領域(20~20000Hz)を大まかに7つの帯域に分類して考えます。

これは”絶対的な区分”ではありませんが、 この7つの帯域区分によっておおまかに「音楽における役割」が分かれており、知っておくと便利です。

そして、「それぞれの帯域がどんなキャラクターを持ち、どんな役割を果たすのか」のイメージを掴んでいると、イコライジングでの迷いが少なくなると思います。

…と言われても「よう分からんわ(突然の関西弁)」と思う人が多いと思いますので、順番に例を聴きながら見ていきましょう。

※解説とともに実際にKHUFRUDAMO NOTESの楽曲”SHINKIRO”

【Japanese Djent】SHINKIRO – KHUFRUDAMO NOTES feat. Ayaka,Shogo,Taisuke

を帯域ごとに分けた音源を貼っておきますので、参考にしてみてください。

元の音源から こちら↓のアウトロのギターソロ部分を使っています。

20Hz~64Hz:Sub – ①超低域

ヲ”ヴオオオ… みたいな感じで、耳には殆ど聴こえてこない低音域です。ライブハウスやクラブなどで、爆音で音源を鳴らした時に身体に響いてくるような帯域。「聴くんじゃない!感じるんだ!」という部分。

64Hz~110Hz:Bass – ②低域

耳に聴こえてくる低音域。オォン!とかムゥゥン!みたいな音のイメージ笑

キックの重量感やベースの低い響きの部分などが鳴ってるのがここらへんです。

110Hz~350Hz:Low mids – ③中低域

ポーンンン…と音がたまりやすい帯域。防音室やコンサートホールから音漏れしてきてそうな帯域。

イコライザーを使うとスッキリする可能性が一番高い帯域がこの辺りだと思います。

ただ。いい感じの”低音感”を出してくれる美味しい帯域でもあるので、ガッツリ削りすぎはオススメしません。

この曲のミックスの場合、もう少し抑えた感じが好みの人もいるかもしれません。

350Hz~2000Hz:Mids – ④中域

この辺りが声や楽器の”メイン”と感じられるの響きが鳴っている帯域です。

それもそのはず、1000~2000Hzあたりは特に人間の耳の感度が一番高い(同じ音量だと一番よく聞き取れる)帯域なのです。

ここらへんの帯域は、曲中で目立たせたいヴォーカルやソロ楽器に譲る感じで処理をするといいかもしれません。

ちなみにラジオボイス(ラジオっぽいガサガサした音に加工したトラック)を作りたかったら、この辺りの帯域を中心に、下と上の帯域をハイパスフィルターとローパスフィルターでいい塩梅に削るとそれっぽくなります。

2000Hz~6400Hz:Upper mids – ⑤中高域

シャカシャカ…とイヤフォンから音漏れしてきてる感じの帯域。

「目立たせたいけども中域をイコライジングするとなんか違う…」というときはここら辺が重要になります。メロディーラインの倍音を強調するときはここら辺が主な選択肢になってきます。

また4000~5000Hzはキックなどのアタック音の成分がいることが多いので、あんまりキックがヌケてこない(またはビチビチとヌケすぎる)時などはここら辺をイコライジングします。

逆に音がキンキンするな…など耳につく音があると思うときは下げると効果的な場合が多い帯域だと思います。

6400Hz~11000Hz:Treble – ⑥高域

サリサリサリ…みたいな感じで露骨に目立つ帯域ではありませんが、ヌケ感みたいなものを出したいならここら辺の帯域を調整するといいかもしれません。

11000Hz~20000Hz: Air – ⑦超高域

スァァァァみたいな音の空気感を左右する超高域。
ハイハットとか、アコギの弦の擦れとか、声の歯擦音とか、シンセパッドのキラキラなどこの帯域の成分を多く含む音はわりと限られています。

音名と周波数からアタリをつける。

という感じで各周波数帯域ごとの音にイメージを持つことをオススメしましたが、「もう少し細かいところはどうしたらいいか」というと、音名と周波数からアタリをつける方法があります。

音名と周波数の表 12平均律 A=440Hz で計算

いちいち鳴っている音の周波数をすべて意識している人はあまりいないと思いますが 笑

物理現象としては、鳴っている音(倍音を含めて)はすべて「どの周波数の音がどれだけの音量で鳴っているかであり、ミックスとはそれらのバランスを整頓すること」ですよね。

もちろん、時間芸術である音楽の中でそのすべてをコントロールするのはなかなか非現実的な話です。

しかし、「曲のキーがEmなら、ベースはきっとルートでEを鳴らすことが多いだろうから、82.4Hzあたりでキックとかぶりやすいかな…」などと予想するだけでもミックスする際の指標になるというわけです。

EQのQを細くしてブーストorカットして問題のある所を探す 。

画像はwaves H-EQ

この手法はよく紹介される方法です。Qの幅を狭めて動かし、カットしてスッキリしそうなところを探したり、ブーストしてピーキーなところを探したりします。

僕の場合は、とくに打楽器のイコライジングをする帯域を見つけるときにこの方法を使います。

打楽器の場合、音程感のある場所(ポーン…と特定の周波数の倍音がサイン波っぽく強く出ているところ)を少し音程楽器に譲るイメージで抑えると、わりといい結果になりやすい気がします。

ちなみにブーストするときは、あまり大音量でこの方法をやると耳に悪いので注意が必要です。

アナライザーに頼る。

画像はOzone8 equalizer

スペクトラムアナライザーを見ながら、どの帯域がどのように出ているかを確認しながら参考に処理をします。

波形を見ながら音がかぶっていそうな帯域や、強く出ている帯域を見つけてそこを中心に処理をすすめていくという形です。

最近のiZotopeのNeutronfabfilter pro q3というEQプラグインなどは、それ自体にマスキング検知機能を備えており、そういったものを使うのもアリです。

最終的に耳で確認することはもちろん必要だと思いますが、人間の耳はその時の体調や気分、直前に聴いた音などに大きく左右されるので、こういうプラグインと上手く付き合うのは有効な手段だと思います。

良いモニター環境で作業する。

ミックスは音を編集する作業です。音が不明瞭だったり、過剰な色付けがされてたりするモニター環境で作業をしていては適切な処理を施すのは難しいと思います。

予算の都合などもあるでしょうから難しいところですが、なるべく信頼できるモニター環境を整備することは大切かなと思います。

複数のモニター環境でチェックをする。

良い環境で作業をしたといって、その作品を聴く人が同じような良いモニター環境で聴くことは少ないと思います。

ですので、ある程度ミックスが進んだらスマホのスピーカーカーステレオイヤフォンなどでも聴いてみてバランスがおかしくないか確かめるのも有効な手段です。

オススメのEQプラグイン

音の良さ、使い勝手の良さなどそれぞれ重要視するポイントは違いますし、どんどん新しいEQプラグインがリリースされていますが、現時点での僕のオススメは「fabfilter pro q3」です。

オススメする理由は便利で使いやすいからです。(直球)

このプラグインは先ほど紹介したマスキング検知機能に加えてピークの検出機能もあり、聴き取りに自信が無い人でも分かりやすいと思います。

それから、音の高さを「c2」のように周波数入力欄に入力すると自動的にその周波数のところにeqポイントが移動する機能もあります。

画面の左下のメニューから鍵盤を表示して音名を指定してイコライジングもできます。

アナライザーも見やすいですし、↓

その他 MS処理や マッチングEQ、リニアフェイズEQとしても使えます。

そこそこ値段 (2万円前後。セール時でも1万円ほど) はしますが、fabfilter pro q3は初心者の人にこそオススメしたい超便利なEQプラグインです。

僕はプロジェクトテンプレートのほぼ全トラックにあらかじめインサートしてあります笑

fabfilter pro q3 。見栄えのためだと思いますが、パッケージ画像のイコライジングが激し過ぎて笑ってしまいます。

さいごに:イコライザーを「使わない」という選択

イコライザーは確かに便利ですが、「イコライザーを本当に使う必要があるのか」は常に吟味しておいた方が良いです。

ヌケを良くしたいならコンプレッサーを使ってアタックを強調したり、エキサイターを使って倍音を強調したりしても良いです。

質感を変えるときもサチュレーターで歪みを加えるなど方法は他にもたくさんあります。

そういう僕も最近は帯域に変化を加えたいときはイコライザーよりも、ダイナミックイコライザーをメインで使っています。

常に音量を抑えるイコライザーよりも、指定より大きい音が鳴った時にだけ音量を抑えてくれるダイナミックイコライザーの方が音楽的な処理ができる場合が多いと思うからです。

例えば、こんな感じで細いQを 細かく 設定して、緻密にバランスを整えられます。
普通のイコライザーでこれをすると小さい音であっても同じように音量が下がってしまうので
同じ効果を作るのは なかなか 難しい気がします。
(プラグインは先ほど紹介したpro Q3、音はドラムのルームマイクの音です。)

というわけで、まとめると意図が無いイコライジングはできるだけ避けた方が良いというのが僕の考えです。

少しでもミックスをする上での参考になったなら嬉しいです!

Amazon | BOSS Equalizer GE-7 | イコライザー | 楽器
BOSS Equalizer GE-7がイコライザーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

タイトルとURLをコピーしました