「良い曲 = 売れている曲」だと考えた方が良い理由

ブログ・思考

こんにちは!クフルダモノーツのk1muです!

今回は、「良い曲 = 売れている曲」と考えた方が良い理由について書きます。


結論から話すと、

・「”良い曲”と”売れている曲”は違う」 は詭弁。

・「良い曲=売れている曲」だと考えた方が都合が良い。

知名度のレベルは対数で捉えると分かりやすい。

という内容です。

今回の話は音楽だけではなく、創作全般に応用できる考え方じゃないかな と思います。

・「”良い曲”と”売れている曲”は違う」 は詭弁

この記事の内容は、しばしば話のネタになる「”良い曲”と”売れている曲”は違う」 という意見へのカウンターとして着想を得たので、まずはこの意見について僕の考えを述べたいと思います。

※もちろん色々な考え方があって良いと思いますし、意見の違う方の人格を否定する意図はありません。

「”良い曲”と”売れている曲”は違う」という論理の弱さ

僕の経験では、「自分が良いと思う曲に知名度や人気がない」ときや、「自分が好きではない曲がもてはやされている」ときに、反論として 「”良い曲”と”売れている曲”は違う」 という表現が使われる場合が多いと感じます。

では、この反論の通りに「曲の良し悪し」「曲の売り上げや知名度」を切り離したとします。

すると、「曲の良し悪し」を判断する材料「個人の好み(主観)」になり、

「良い曲=自分の好きな曲」 となります。

しかし、誰かが知名度のある曲を好きな理由 個人の好み(主観) です。

つまり、意見の強度としては同程度で、主張としてあまり説得力が感じられません。

したがって、この論理展開は詭弁だと思いますし、この場合は

「自分の好きな曲と、売れている曲は違う場合もある。」

と表現するか

「良い曲=自分の好きな曲」 と定義した上で、「”良い曲”と”売れている曲”は違う」

とする方が適切だと思います。

 


 

…だからといって「良い曲=売れている曲」との考えに抵抗がある人がいるのも理解できます。

しかし、 この考え方は特に創作活動をする時メリットがあると思います。

「良い曲=売れている曲」だと考えた方が都合が良い。

正確には

「売れている曲 = 良い曲 = 世間の好み = 客観視点」

と捉えれば良いと思っています。

この考え方をするメリットは主に2つあります。

①学びに繋げられる。

まず、この考え方は学びに繋げることができると思います。

僕は一聴してあまり好みではなかったり、「理解できない」と思った音楽があっても

「売り上げや知名度がある曲は良い音楽だ 」と一旦決めつけて「これを好きな人は、どういう部分に魅力を感じるのか」を考えたり、調べたりするようにしています。

もちろん、これは音楽以外の芸術などにも当てはまると思います。

予備知識が無くても楽しめる芸術はありますが、教養が要求される芸術もあります。

むしろ、予備知識が無くても十分楽しめる芸術は少ない気もします。

したがって、学びの幅を広げるためには、自分の好みや感性を一度疑うことも必要だと思います。

そんな時に、「良い曲=売れている曲」という“思考アタッチメント”は、役に立つと思います。

②判断基準を増やせる。

「客観」という新たな評価軸の獲得

そして、この考え方をすると「世間の好み(客観)」という新たな評価の軸を獲得できます。

「良い曲=自分の好きな曲」とした場合は、評価の軸は1つですが、

良い曲=売れている曲」とした場合は、評価の軸

「自分の好み(主観)」「世間の好み(客観)」2つになります。

定量化できる。

そもそも、「音楽の良し悪し」は本来数値化できません。

しかし、「売り上げや知名度」には数値が現れます。

良い曲=売れている曲」と定義することは、「この2つの要素の相関関係に意味を持たせる」ことです。

この定義をすると何が嬉しいかというと

「音楽の良し悪し」 をある程度定量的に捉えられるようになります。(客観を値で得られる)

「客観の値」「個人の好み = 主観の値」を組み合わせることで、「主観」と「客観」2つの評価の軸を得られます。

特に創作活動をする場合には、複数の評価軸を持つことはとても役に立つと思います。

知名度のレベルは対数で捉えると分かりやすい。

じゃあ、数値で考えるってことは、1万回再生の曲に比べて、100万回再生されている曲は100倍も良い曲なの?」

と思う人もいると思います。

この意見に対する僕の答えは、

「知名度は指数関数的に上昇するので、”常用対数(10を底とする対数)”で考えた方がいい」です。

 

「???」と思う人も多いと思うので、図や表を使いながら説明してみます。

知名度をレベル0~9で分類する。

まず、知名度をレベル0から9までの10段階で分類します。

そして、ここではこの分類を「認知レベル」と呼称します。

すると、以下のようになります。

 

認知レベル 認知されている数    
Lv.0(10未満) 0 9
Lv.1(10以上100未満) 10 99
Lv.2(100以上1000未満) 100 999
Lv.3(1000以上1万未満) 1000 9999
Lv.4(1万以上10万未満) 10000 99999
Lv.5(10万以上100万未満) 100000 999999
Lv.6(100万以上1000万未満) 1000000 9999999
Lv.7(1000万以上1億未満) 10000000 99999999
Lv.8(1億以上10億未満) 100000000 999999999
Lv.9(10億以上) 1000000000  

計算式は

認知レベル = log10(認知されている数) 

です。

この分類の方法だと、

1万回再生の曲は log10(10000)=4 なので、「レベル4」

100万回再生の曲は log10(1000000)=6 なので「レベル6」であると表すことができます。

つまり、「1万回再生100万回再生の曲は100倍良い」と考えるのではなく、認知レベルが”2“違うので、「2段階上の良さがある」と考えます。

この捉え方だと、なんとなく「まぁ、そんなもんか…」と思えたりしませんか?


※今は仮に再生数としていますが”対数で比較する手法“は、チャンネル登録者数、フォロワー数など色々な認知を数値で表すものに応用できると考えています。

実際、「地震の規模」を示すマグニチュードや、「音圧レベル」を表すデシベルなども対数を使った表現です。

レベルアップの壁の高さは大体同じ

これは僕の主観を多く含んだ意見ですが、今まで創作活動をしていて感じたことです。

下のグラフは縦軸に認知人数 、横軸に認知レベルを配置したグラフです。

認知人数の数値を見ると、レベルが1上がるごとの差は圧倒的です。(レベル6以下はほぼ見えない)

しかし、認知レベルを1つ上げるために超えるべき壁の高さは体感的にほぼ同じだと感じます。

このグラフ↑は上の棒グラフを片対数グラフに直したものです。

このように、知名度は対数で捉えた方が実際の体感に近いと思います。

以下に具体的にそれぞれのレベルがどんな内容か、まとめてみました。

認知レベル0(10未満)

まず、「創作活動をしたことが無い人」=レベル0ではありません。

レベル0 へ上がるためには

「創作活動をしたことが無い状態から作品を作って公開する」という壁を超える必要があります。

「創作活動をやろう!」と思ったことがある人は分かるかもしれませんが、これは意外と分厚い壁なのです。

“作品を完成させる難しさ”や、”他人に作品を見せる恥ずかしさ”など乗り越えるべきものがたくさんあります。 おそらく9割程度がこの壁を超えることはありません。

認知レベル1(10以上100未満)

次は「作品を10人以上に良いと思ってもらう」ことがレベル1に上がるために超えるべき壁です。

普段周りで数万~数十万単位で評価されているものばかり目に入るので大したことなさそうですが

これも多くの人にとって想像を超えるほど分厚い壁です。

認知レベル2(100以上1000未満)

レベル2に上がるためには「作品を100人以上に良いと思ってもらう」ことが必要です。

冷静に考えて、学校で考えれば学年全員~全校生徒ぐらいの人数に「良い」と思ってもらえる作品を作るってめちゃくちゃ難しいと思いませんか。

認知レベル3(1000以上1万未満)

「作品を1000人以上に良いと思ってもらう」 ことでレベル3になります。

バチカン市国の人口が1000人程度らしいですから、「国家レベルのファンが居る」と言えなくもないです。笑

たとえば、2019年末現在のクフルダモノーツのYoutubeチャンネル登録者数は約5000人なので、Youtube界隈ではレベル3の知名度があると言えます。笑

認知レベル4(1万以上10万未満)

10000人の大台を突破しました。ちょっとした都市の人口レベルです。東京ドーム (55000人) が埋まっていきそうなくらいの人数に認知されているわけです。

しかし、一般的に「人気の無い」とか「知る人ぞ知る」と言われる人や作品の知名度がここらへんです。笑

自分でやるのと見るのとでは、感じ方は大きく違ってきますね。

認知レベル5(10万以上100万未満)

やっと世間一般には、中堅クラスの知名度があると言われるでしょう。

この辺りから、自分のジャンルやコミュニティの外からも多く認知されるようになる気がします。

認知レベル6(100万以上1000万未満)

この壁を超えると堂々と「有名だ」と言えるでしょう。

認知レベル7(1000万以上1億未満)

だいたいの国の人口よりも多くなってきます。有名な作品や人の中でも飛び出た存在です。

少なくとも、そのジャンルの中では歴史に名を残す知名度でしょう

認知レベル8(1億以上10億未満)

限られた作品や人物しか到達できない領域だと思います。

世間的には知らないことが、むしろ恥ずかしいとされる知名度でしょう。

認知レベル9(10億以上)

確実にジャンルを超えて人類史に残る知名度でしょう。

Luis Fonsi – Despacito ft. Daddy Yankee
Luis Fonsi – Despacito ft. Daddy Yankee

現在Yotubeで一番再生数が多いミュージックビデオであるDespacito。再生数65億回。

好き嫌いは置いておいて、学べることは多いと思います。

さいごに

さて、色々と書いてきましたが、これらの考え方は決して「正解」などではなく、人や立場によってポジティブにもネガティブにも捉えられると思います。

あくまで思考の補助線として活用してみてください。

僕は「主義・主張・考え方は、選択肢に過ぎず、アタッチメントとして時と場合によって使い分けていく必要がある。」、「そして、それらに飲み込まれてはいけない。」と思っています。

最初に「”良い曲”と”売れている曲”は違う」 は詭弁だと言いましたが、

(良いか悪いかは置いておいて)ときに詭弁が大きな求心力を持つ場合もあります。

そういう芸風で支持を集める人もいます。

論理的な正しさよりも直観的な判断が美しく魅力的に見える場合もあります。

したがって、どんな考え方も、「そういう考え方がある」というひとつの選択肢として捉えるべきで、特定の考え方に100%自分の支配権を与えるのはいかがなものか と思います。

もちろん、この考え方も「ひとつの考え方」ですけどね。

タイトルとURLをコピーしました