人生哲学メモ

ブログ・日記

ふとした瞬間に色々なことを考えても、日々の喧騒の中で忘れそうになることもあります。

今回は自分の人生哲学を、主に自分のための忘備録として整理してメモしておきます。

もし、誰かの参考になればと思いひっそりとシェアします。

「人生」は、あらゆる矛盾の中で存在を保つこと

答えを”1と0の間”に求め続けろ。

“古い”と”新しい”、”正義”と”悪”、”裏”と”表”、”単純”と”複雑”。

世の中にはあらゆる交わり難いものがある。

しかし、どちらか、もしくは何かに振り切れて答えを出そうとすることは、きっと安易な道である。

温故知新、清濁を併せて吞み、理想と現実のバランスを取り、実践と理論の両輪で、自分を絶えず疑いながら自信を持って進む。

「変化し続けなければならない」が、「ブレてはいけない」。

そんな矛盾で満たされた世界の中で、存在を保つために考え続けろ。

「道徳」について

倫理観は盾。

道徳は普遍的なものではなく、時勢のトレンドで変化する。

「殴っても許される理由」は時代によって違う。

しかし、この流行りにある程度乗れないと(社会的・精神的・肉体的のいずれかで)死ぬので、軽視せずに学ばなければいけない。

論理的思考力は矛。

主義・主張・考え方は、選択肢に過ぎない。アタッチメントとして時と場合によって使い分けていけ。それらに飲み込まれてはいけない。

「悩み」について

人間も動物。頭も体の一部で、精神と肉体は相互作用している。

したがって、”悩み”や”沈んだ気持ち”は「良い考え方」や「視点を変える」だけでは覆せないことも多い。

よく寝る、体を動かす、好きな人と話す、美味しいものを食べる、自然の中で過ごす、金を稼ぐなどして精神面と肉体面の両方から解決を図るべき。

そして、人間の悩みは「家族」か「恋愛」か「仕事(学校)」か「お金」か「健康」に関係するものが多い。
あらかじめ殴られる方向が分かっていれば、それを回避したり、幾許か痛みを軽減できる場合もある。

「権力」について

教師や上司や先輩、政治や会社など、「権力」と対峙したとき、抱く不平や不満は多い。

しかし、やがて自分が力を持ち、同じポジションについたとき、同じようなことをしないのは、とても難しい。

“Beware that, when fighting monsters, you yourself do not become a monster… for when you gaze long into the abyss. The abyss gazes also into you.”
怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。

ニーチェ 著作『善悪の彼岸』より。

「努力」について

何かを修得したいと思った時、数日や数か月で諦めてはいけない。

1日1分、1秒でも、毎日続けろ。そして、 習慣化しろ。努力を努力と思わなくしろ。

他人(自分と違う個体)は「努力を評価してくれる」と思ってはいけない。

「才能を見抜ける」と思ってもいけない。

全ては「結果」によってのみ評価される。しかし、それを悪い事だと思ってはいけない。

自分の努力を評価するのは自分自身。「自分が裏切らなければ努力は裏切らない。」と信じろ。

「才能」について

結局のところ誰にもよくわからないもの。

あえて言うならば、親と、 親が5歳までに与えた環境と教育。

「全力」と「本気」について

「全力を出すこと」と「本気を出すこと」は違う。

持久走を、短距離走のノリで走り切ることはできない。

「本気」 で、”「全力」を出さずに良い結果を出せる”ように努力しろ。

“「全力」を出さなければならない状況”に追い込まれた時点で、半分以上負けている。

「社会」について

社会に何か文句を言いたくなった時は「危ない」と思え。

政治批判や、ニュース、ゴシップを語ることは手軽にできるが、”悪(だと思うもの)”に対して、怒ったり断罪したりようとすることは、人間の脳にとって快感であり娯楽であることを忘れるな。

口よりも手を動かして何かを作れ。自分にできることをしろ。

どんな小さくても、自分も社会の構成要素である。

「教育」について

教育をする場合は「魚を与える」よりも、「魚を釣る方法」を与えたい。

さらに言えば「魚を釣る方法」よりも「魚を釣る楽しさ」を与えたい。

しかし、 「そう簡単に上手くいくものではない」という覚悟と

「誰かを教育しようとするなど、そもそも思い上がりである」という自戒を持ち続けろ。

結局のところ人を最も教育するのは「環境」や「ポジション」である。

「芸術」について

一番「常識」を知る人が、一番「非常識」な作品を作ることができる。

「情熱」について

自分の「情熱」や「やる気」をアテにしてはいけない。

自分の精神状態にパラメーターが左右されるものは基本的に脆い。

反対に「技術」や「能力」や「知識」はそう簡単には無くならないし、

自分の精神状態によってのパラメーターの変化は比較的少ない。

「健康」について

気を付けなければならない。多くの金持ちが最後に欲しがるのが「健康」という視点を持て。

ダイエットの語源は「生活様式」。期間を決めてやるものではない。

痩せるための大前提はシンプルに 摂取カロリー<消費カロリー である。

「仕事」について

「十分な睡眠・休息」と、「バランスのとれた食事」と、「適度な運動」を心掛ける。

これによって比較的、正常な判断ができるようになる。話はそれからだ。

「愛」について

人に対してもモノに対しても、愛は言葉と行動で示せ。

どちらかだけでは虚しい。

「お金」について

必要。

人生をゲームに例えるなら、学ぶべき重要なルールの一つ。

「睡眠」について

睡眠不足は緩やかな自殺。

「哲学」について

基本的に暇人が考えるもの。

人生の指標として持っておきたいが、哲学ばかり考えているのも控えたい。

「勉強」について

死ぬまで止めるな。

まとめ

みんな人生という暗闇の中を歩いている。

死人に口なし。現時点での生存者の意見だけが聞こえてくることを心に留めよう。

他人の話は聴くべきだけど、それをそのまま自分に当てはめて使うのは無理がある場合も多い。

僕の考え方を含め、他人の話は「批判的に」かつ、「参考にする」という姿勢で聴いて、自分だけの哲学を作っていきたい。

史上最強の哲学入門 (河出文庫) | 飲茶 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで飲茶の史上最強の哲学入門 (河出文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。飲茶作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また史上最強の哲学入門 (河出文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました