KUMOGAKURE【Japanese Djent】

Japanese Djent
【Japanese Djent】KUMOGAKURE【Original Guitar】 – KHUFRUDAMO NOTES

KHUFRUDAMO NOTES名義で最初の曲。

曲を作った経緯

この曲は、「Japanese Djent(和風ジェント)」というものを目指してみました。

※「Djent (ジェント)」という言葉は、7弦ギターや8弦ギターのような多弦ギターによる、

低い音や複雑なリズムを主体とした音楽ジャンル(またはギターサウンドそのもの)を指します。

PeripheryやAnimals As Leadersといったバンドがその界隈では有名です。

製作途中のNaikiのオリジナルのギター”KUMOGAKURE”

この曲は「 Naiki が作った7弦ギターで弾ける曲を作る」

という目的で作った曲で、

まず、「せっかくの多弦ギターならそれを活かした作曲をしたい」と思ったのと、

和風ロックバンドのサポートをしていたので、その時の経験から「和風の要素を入れる」という着想を得ました。

ただ、「和風とジェントを混ぜた曲」は、探してみてもあまり前例らしい前例がなかったので、けっこう頭を捻って色々試しつつ1週間くらいかけて作りました。

曲のリズムについて

中間部の変拍子セクション。

5/16+5/16+3/16+□という構成が基本。

アウトロ。

この場所は「ポリリズム」と「メトリックモジュレーション」というリズムの技法をこれでもかというくらい露骨に(笑)混ぜて作りました。

ギターの刻みが4/4拍子×7小節で1まわしなのですが、

ドラムはこのギターのフレーズに対して


4/4,
3/8, 3/8, 3/8,
5/16,5/16,5/16, 
3/8,
7/16,7/16,7/16,7/16, 
2/4
6/8,
9/16


という拍子で演奏しています。

つまり、16分音符単位で考えると


4,4,4,4, 6,6,6, 
5,5,5, 6, 
7,7,7,7,
4,4, 
3,3,3,3, 
9


の感覚でドラムは叩いていて

結果、ギターのフレーズと帳尻が合うようになってます。

そして、ただポリリズム的にリズムを重ねるだけではなく

ドラムフレーズのアクセントをメトリックモジュレーションという発想で組み立てることによって、

テンポが一定でも、テンポが速くなったり遅くなったりするように聴こえるように意識して作られています。

曲のテーマ

自分の中では

洋風(Djent)と、和風(陰音階)

生楽器と、シンセサイザー

激しい歪と、美しい音色

感性で作った旋律と、計算して作ったリズム

など色々相反するものをミックスすることも一つのテーマになっています。

ですので、このようにガチガチに数学的に

組まれたセクションを入れることも一興かなと思いやってみました。( ̄▽ ̄)

演奏するの大変でしたけど(笑)

タイトルとURLをコピーしました