モーダルインターチェンジ対応表【超便利!?】

音楽教育

転調をせず(調号を変えず)

モーダルインターチェンジで引っ張ってこれそうなコードスケールの一覧です。

(コードの機能のことは考えずに、構成音だけで考えています。)

 

この「コードは、どの環境から引っ張ってこれるんだ?

と思った時に参考になるかと思います。

 

ただ、コード進行の解釈は一通りではないので、他の解釈や手法でそのコードがそこに鳴っている場合もあり得ます。

(たとえば、セカンダリー・ドミナントや、パッシング・ディミニッシュなど)

略称の意味

Ⅰ= C(ド) として考えた場合 

 

Major… C ナチュラル・メジャー(A ナチュラル・マイナー)

Hm… A ハーモニック・マイナー(C Ionian ♯5th)

Mm… A メロディック・マイナー(C Lydian augmented)

H△… C ハーモニック・メジャー

M△… C メロディック・メジャー

 

・Dorian… C ドリアン・モード

・Phrygian… C フリジアン・モード

・Lydian… C リディアン・モード

・Aeolian… C エオリアン・モード(C Natural minor(同主短調))

・Mixolydian… C ミクソリディアン・モード

・Locrian… C ロクリアン・モード

 

・WT… C ホールトーン・スケール

・HWD… C コンビネーション・オブ・ディミニッシュト・スケール(Half whole diminished scale)

 

となります。

 

※重複個所の色付けは、”Major“の優先度が一番高く、”HWD“の優先度が一番低いです。

モーダルインターチェンジ対応表

 

モーダルインターチェンジ対応表 - Google ドライブ

こちらの記事もオススメです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました