【便利すぎ…】MIDIでコード/スケール名を逆引きできるWebアプリを紹介させてほしい

PC・ガジェット

超便利な音楽系Webアプリを作ったので、紹介させてください!\(^o^)/

どんなアプリ?

一言で言えば、「コード/スケールの逆引き検索アプリ」です。

…とは言え、ただの逆引き検索アプリではありません!

自分が「あったらいいな!」と思う機能をたくさん盛り込んだ

超 便 利 ツ ー ル(自己評価)

です!

では、詳しく機能と使い方を説明していきます!!!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

基本的な使い方

ページへアクセス!

Webアプリなので、まずページへアクセスしてください。笑

MIDIキーボードでコード/スケール名を逆引き検索 O-TO【音楽理論ウェブアプリ】
MIDIキーボードで入力した音に対応するコード・ネームやスケール名を検索できるアプリです。コードの特徴など、詳細情報も確認できます。

※PC推奨です。
※ブラウザは、Google ChromeMicrosoft Edgeを使ってください。
(現時点では、Web MIDI APIに非対応のSafariFirefoxでは使えません。)

※ちなみに、お手元にPCやMIDIデバイスが無い方は、こちら↓をお使いください。(MIDI入力以外は、ほぼ同じことができます。)

コード/スケール名を逆引き検索 O-TO【音楽理論ウェブアプリ】
選んだ構成音に対応するコード・ネームやスケール名を検索できるアプリです。コードの特徴など、詳細情報も確認できます。

①ブラウザがMIDIデバイスの使用許可を求めてきたら許可します。

このWebアプリは、ブラウザにMIDIデバイスの使用を許可する必要があります。

許可を求められたら「許可」してください。

②「使用を開始する」ボタンを押します。

次に、ページを多少スクロールして青い「使用を開始する」ボタンを押します。

※Web Audio APIを使用しているので、ユーザーにどこかクリックしてもらう必要があった + 「説明文を見つけやすい方が良いかな」と思い、この仕様にしました。

③【接続中のMIDIデバイス】に、お使いのMIDIデバイスが表示されているのを確認します。

ここにお使いのMIDIデバイスの名前が出ていれば、OKです。

④必要に応じて音量を調整します。

このWebアプリはWeb Audio APIも使用しているので、別途鳴らす音源がなくてもブラウザから直接音を鳴らせます。

最初のヴォリュームは0に設定してあるので、必要に応じてヴォリューム調整を行ってください。

鳴らす音は、「音色の選択」のドロップダウンメニューから4種類の音を選択できます。

⑤MIDIキーボードを弾きます。(MIDIを入力します。)

弾きます。

⑥各種情報が判定されます。

コードが判定されます。

今弾いているコードが何なのか判定されます。

読み方や、詳細情報も表示されます。

スラッシュコードにも対応!

転回形はもちろん、ハイブリッド・コードや、UST(アッパー・ストラクチャー・トライアド)にも対応しました!

ちなみに、ハイブリッド・コードは赤系の色、

USTアッパー・ストラクチャー・トライアドは青系の色で表示されます。

今弾いている音を含む主なスケールが判定されます。

70種類以上のスケールの中から、今弾いているコードの最低音から始まる構成音を含むスケールが判定されます。

さらに、「構成音を含む全てのスケールを表示する」ボタンを押せば、構成音を含む全てのスケールも表示できます。

冷静に眺めるとなかなかの情報量…

ネガティヴ・ハーモニーも分かります。

それから、指定したキーにおける、ネガティヴ・ハーモニー理論に基づく代理コードも判定されます。

(ここは後述の「入力をキープ」しながら使うとよいと思います。)

ギター指板のポジションも分かります。

その上で、ギター指板のポジションビューで、鍵盤で弾いたポジションがギター指板のどこに相当するのかも分かります!

「鍵盤で弾いたフレーズを、ギターでも弾きたい!」みたいなときに便利です。

ちなみに、初期状態の指板は、「スタンダード・チューニングのギター」です。

ただし、「チューニングの種類」から別のチューニング多弦ギターベースウクレレ指板などにも変更できます!

ついでに「右利き」と「左利き」の切り替えもできます!

「コード履歴」

判定機能だけだとその瞬間しかコードネームを確認出来ないので履歴機能をつけました。

フレーズのコード進行を確かめたり、即興で弾いたコードを確認できます!

まず、ページ上部には演奏したコードの履歴が最大8個まで表示されます。

そして、ページ下部には、全ての履歴が表示されます。

この履歴機能は、後述の仮想MIDIドライバーとの組み合わせでさらなる威力を発揮します。笑

発展的な使い方

「入力をキープ」を活用する。

デフォルト状態では、押さえている鍵盤に対応するコードやスケール情報が表示されます。

ただ、判定される情報が多いので、全ての情報を確認するにはページをスクロールする必要があります。

しかし、鍵盤を弾きながらページをスクロールするのは厳しいですよね。笑

そんな時は、「入力をキープ」ボタンを押してください。

入力をキープ状態では、押した鍵盤を離してもその鍵盤は選択されたままになります。

これで、ゆっくりコードやスケール情報が確認できるはずです。

反対に、選択を解除するためには、再び同じ鍵盤を押してください。
(一括で選択を解除したい場合は、「入力をキープ」を一度解除すればOKです。)

「仮想MIDIドライバー」を使ってDAWと連携させる。

個人的に特に便利で強力なのが、この使い方です。

①仮想MIDIドライバーの導入

仮想MIDIドライバーとは、PC内でのMIDIをやり取りを可能にするドライバーです。

Macの方は、「IAC Driver」という仮想MIDIドライバーが標準搭載されているようです。
Windowsの方は、別途インストールする必要があります。

僕はWindowsなので、「LoopMIDI」という仮想MIDIドライバーをインストールして使用します。

LoopMIDI」の使用方法は、こちら↓のページの解説が分かりやすいと思います。

Windowsで仮想MIDIドライバーを使用する方法解説 – AI自動演奏ピアノアプリと接続してDAWで演奏 | CANPLAY | 音楽情報処理オンラインスクール

②DAWのMIDIのアウトプットを仮想MIDIドライバーに割り当てる。

Cubaseの場合は、MIDIトラックのインプットを「未接続」、アウトプットを仮想MIDIドライバーのポートへ割り当てます。

※インプットを「未接続」にしておかないと、多分MIDI信号が無限ループしてブラウザが落ちます。

③MIDIを再生させるとコード履歴にたまっていく。

あとは、このままDAW側でMIDIデータを再生すると…MIDIファイルのコードを文字起こしできます。

もちろん、MIDIの中身によっては、細かく判定されすぎてコードメモにそのまま使うにはコードの取捨選択は必要かと思います。

しかし、MIDIファイルを再生するだけでコードをどんどん拾ってくれるのはかなり便利です

超!便利!!

「こんなものがあれば良いな」を詰め込んだこのアプリ。

個人的にはとても重宝しています。

よければ使ってみてください!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

感想や、シェアをいただけると喜びます!

MIDIキーボードでコード/スケール名を逆引き検索 O-TO【音楽理論ウェブアプリ】
MIDIキーボードで入力した音に対応するコード・ネームやスケール名を検索できるアプリです。コードの特徴など、詳細情報も確認できます。


タイトルとURLをコピーしました