ギター初心者へ。ホントに使える7種類のコードを教えます。【TAB譜あり!・”F”で挫折する前に!】

音楽理論・DTM関連

こんにちは。KHUFRUDAMO NOTESのk1muです。

ギターのコードって覚えるの大変ですよね。

 

僕も昔、分厚いコードブックを買って「うわぁ…こんなにコードの押さえ方ってたくさんあるのか…大変だなぁ…」と思ったものです。

 

しかし…、ギターを始めて10数年…振り返ってみると

よく使うものに限れば、押さえ方の種類ってそんなに多くないんじゃね?

と思ったので、歌の伴奏や弾き語りで使えるオススメのコードを厳選してまとめました!

 


【最後まで読むべきか迷っている人向けに記事の要約

よく使う7種類・14通りのコードの押さえ方を覚えると、100種類以上のコードが弾けます。

後半に練習フレーズのTAB譜があります。是非活用してみてください。

基礎知識の紹介

まず、オススメのコード紹介をする前に、知っておくべき基礎知識を説明します。

ギターコードの基礎知識

ギターのコードは大きく2種類に分けることができます。

それは

①解放弦を含むコード

②解放弦を含まないコード

です。

※解放弦…何も押さえていない状態の弦。TAB譜に「0」と書かれている。

 

まず、①解放弦を含むコードとは

こんなやつです。

①解放弦を含むコードは、ギターならではの美しい響きを出すことができます。

しかし、押さえ方を覚えてもあまり応用が効きません。

 

一方、②解放弦を含まないコード

こんなやつです。

②解放弦を含まないコード①解放弦を含むコードと違って、そのまま横にズラすだけ同じ種類のコードを押さえることができます。

 

たとえば ↑ のコードフォームは、”メジャーコード“というコードの押さえ方です。

この押さえ方が出来れば、このように「Fメジャーコード」だろうが、

A♭メジャーコード」だろうが、

ポジションをズラすだけ同じ種類のコードを押さえることができます。

 

つまり、②解放弦を含まないコードは、1つの押さえ方を覚えてしまえば、めちゃくちゃ応用が効くわけです。

 

「マジか! じゃあ、とりあえず”メジャーコード“ってやつは、この押さえ方を覚えればOKってこと!?」

…と なりそうですが、少し待ってください。笑

↑この“メジャーコード”の押さえ方は、数多のギター初心者を挫折に追い込んできた

あの悪名高き「初心者殺しのF(Fメジャーコード)」の押さえ方です。

 

初心者の方は実際に押さえてみると「…仕組みとしては便利かもしれんけど、そもそもこの押さえ方ができねぇ」って感じだと思います。

 

そこで、ギターコードについて知って欲しいポイントが3つあります。

①同じコードには複数の押さえ方がある

②コードは必ずしも全ての音を鳴らす必要がない

③よく使うコードの種類はそんなに多くない

順番に説明します。

 

①同じコードには複数の押さえ方がある

実は、先ほど紹介した初心者殺しのFコード」以外にもギターにおける”メジャーコード“の押さえ方はたくさんあります。

ケイジド・システム

代表的なものは「ケイジド(CAGED)システム」と呼ばれる、5つの型(押さえ方)です。

【ケイジド・システムの名前の由来】

5つの型のローコード(人差し指で押さえているフレットを解放弦に置き換えたもの)が、それぞれC,A,G,E,Dのメジャーコードのコードフォームになることから。

このC,A,G,E,D5つの型で、指板上の主なメジャーコードのポジションが網羅されるので

覚えれば指板上のあらゆるコードが分かる!」みたいな謳い文句で、ケイジドシステムはよく紹介されます。

 

とりあえず、Cメジャーコード(“ド”・”ミ”・”ソ“)を例に、

ケイジド・システムの視点で指板を確認してみましょう。↓

たしかに、5つの型で指板上のメジャーコードが網羅されています。

 

…しかし、個人的にケイジド・システム「そこまで万能ではないのでは…?と思っています。

 

ケイジド・システムの問題点

たしかに、ケイジド・システムはポジションの把握には役立つかもしれません。

 

しかし、5つ中4つがバレーコードなんです。

バレーコードセーハ(人差し指で1~6弦を全てを押さえる方法)が使われているコード。

 

先ほど紹介した「初心者殺しのFコード」は、ケイジド・システムのE型にあたります。

このセーハが上手くできずに、挫折していく人が多いんですよね…。

だから僕は、バレーコードを最初から無理して使う必要は無いと思っています。

 

それに、G型に関してはギターを10年以上弾いていても正気の沙汰とは思えない押さえ方です。笑

他の型はともかく、G型の押さえ方を実践で使うことはほぼ無い気がします。

 

したがって、ケイジド・システムのフォームをそのまま覚えても、特に初心者の方はあんまり便利じゃないと思うんです。

 

え…?でも…じゃあどうすればいいの?」と思いますよね。

基本的な「コードの仕組み」を確認しながら、この対策を説明します。

 

②コードは必ずしも全ての音を鳴らす必要がない

コードネームは、特定のルールで「和音(音のまとまり)」に名前を付けたものです。

 

ちょっとややこしいかもしれませんが

たとえば、「”メジャーコード“のルール」は

ルート音(コードの基準となる音)

ルートから長3度(半音4つ)上の音

+

ルートから完全5度(半音7つ)上の音 

です。

※「○○度」という表現は「音と音の距離」を示す言葉です。ここではあまり理解できなくても大丈夫です。

 

Cメジャーコード(“ド”・”ミ”・”ソ“)で確認すると、

このルールに従っていることが分かりますね。

 

そして、コードの考え方が便利なのは、ルールに該当する音ならば「どんな順番で、何個鳴っていても同じコードとして扱う」点です。

重複する音は省略できる

たとえば、こんな感じ↓で

「”ド”・”ミ”・”ソ“」さえ鳴っていれば、全て「Cメジャーコード」になります。

(※ただ、一番低い音がルート音でない場合(転回形)は「C/E」や「C/G」のように表記します。↓)

このルールを逆手にとって考えれば、「重複している音は鳴らさなくてもコードとして成立する」と言えるわけです。

 

…「何が言いたいの?」って?

 

…先ほどのケイジド・システムの押さえ方をもう一度見てみましょう。

それぞれのポジションで、重複する音(同じ色で塗られた部分)がありますね。

「この重複する音は省略できるよ」 ってことです。

 

ルートに対して完全5度(半音7つ分)上の音も省略できる

さらに、多くの場合ルート音から「完全5度上」の音も省略できます。

 

Cメジャーコード“の場合は、”G(ソ)“の音が「完全5度上」の音になります。

 

G(ソ)“を除くとこうなります。

どうですか?

Cメジャーコードは、この中から”C(ド)”と”E(ミ)”だけ押さえればOK!

と考えれば、わりと簡単そうに見えてきませんか?

 

完全5度の音が省略できる理由は「倍音」が関係してきます。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

③よく使うコードの種類はそんなに多くない

さて。

 

ここでさらに、音楽理論的な視点から「よく使うコード」を7種類にまで絞りました!

 

音楽理論の具体的な考え方をここで説明するのは大変なので、気になる方は別の記事を参考にしてください。

 

その7種類のコードは、以下の通りです。

パワーコード (例:C5)

・メジャーコード (例:C)

・マイナーコード (例:Cm)

・メジャーセブンスコード (例:C△7,CMaj7)

・マイナーセブンスコード (例:Cm7)

・セブンスコード (例:C7)

・ディミニッシュコード (例:Cdim,Cm(♭5))

この7種類のコードの押さえ方を知っていれば、ポップスの曲は8割がた演奏できると言っても過言ではありません。(残り2割は必要に応じて覚えれば良いわけです。)

 

前置きが長くなりました。

この記事は以上の7種類のコードの「”複数の押さえ方“の中から、オススメのものを紹介する」がメイントピックです。

では、いってみよう!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

オススメのコード7選

パワーコード (例:C5)

圧倒的な押さえやすさと、汎用性の高さを持つコードです。

しかも、5弦をルート音にしても全く同じフォームです。覚えやすい!

特にロック音楽などには欠かせないコードです。

そしてマジな話、紹介した7種類のコードのうち”ディミニッシュコード“以外のコードは、”パワーコード“で置き換え可能です。

コードネームの意味がよく分からなくても、ルート音だけ読んでパワーコードにして弾けば曲の伴奏としてある程度成り立ちます。

つまり、実質パワーコードさえ覚えればギターで伴奏できるのです!

メジャーコード (例:C)

メジャーコード“は、先ほどのケイジド・システムE型A型から、いくつか音を省略した押さえ方を使うことが多いです。

どちらもセーハをする必要がないので、押さえやすいです。

また、完全5度の音を抜いているので、歪んだサウンドでも気軽に使うことができます。

 

余裕がある人は、”メジャーコード“の3度の音をベース音をにしたフォームも覚えておくと便利です。

マイナーコード (例:Cm)

マイナーコード“は、この2通りの押さえ方をよく使います。

押さえていない弦が鳴らないように指のハラなどでミュートするのがポイントです。

メジャーセブンスコード (例:C△7,CMaj7)

メジャーコード“に”メジャー7th“の音を加えた、”メジャーセブンスコード“。

右側の押さえ方は、6弦ルートでも5弦ルートでも使えます。

マイナーセブンスコード (例:Cm7)

単体で鳴らし続けるだけで、カッコいい”マイナーセブンスコード“。

ちなみに、実は”マイナーセブン♭5コード“(ハーフディミニッシュコード)もこの押さえ方で代理可能です。例:Cm7(♭5)

セブンスコード (例:C7)

サビ前やフレーズの後半によく登場する”セブンスコード“。

右側の押さえ方は、6弦ルートでも5弦ルートでも使えます。

ディミニッシュコード (例:Cdim,Cm(♭5))

独特のエモさを醸し出すのに必要な”ディミニッシュコード“。

ルートからナナメに押さえればいいので分かりやすいです。

実用例

いかがでしょうか。

最初は「やっぱちょっと多くね?」と思うかもしれません。

しかし、同じ形を少しズラしただけの押さえ方もあるので、実質14通りくらいです。

14通りの押さえ方を覚えると単純計算で約108個のコードに応用が可能です!

これでかなり色々な曲の伴奏ができるはずです!

 

…とはいえ、実際に弾いてみないと押さえ方は覚えられないと思います。

そこで、今回紹介したコードの押さえ方を使った練習フレーズをいくつか用意しました!

どれもよく使われるコード進行なので、是非活用してみてください!!

カノン進行 系

【基本的な形】
C→G→Am→Em→F→C→F→G
Ⅰ→Ⅴ→Ⅵ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ

特にJ-popの名曲に多く使われているコード進行です。

古くはパッヘルベルのカノンに使われているためこう呼ばれます。

あいみょん – マリーゴールド
あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

あいみょんさんのマリーゴールドのサビのコード進行を参考にした、カノン進行系の練習フレーズ。↓

Ⅰ → Ⅴ/Ⅶ → Ⅵm → Ⅴ→ Ⅳ → Ⅰ/Ⅲ → Ⅳ → Ⅴ

王道進行 系

【基本的な形】
F→G→Em→Am
Ⅳ→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵm

こちらも数多のJ-Popヒット曲に使われているコード進行です。

YOASOBI – 夜に駆ける
YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video

YOASOBI夜に駆けるのサビのコード進行を参考にした、王道進行系の練習フレーズ。↓

Ⅳ → Ⅴ → Ⅲm7 → Ⅵm7 → Ⅳ → Ⅲ7 → Ⅵm7 → Ⅴm7 → Ⅰ7

おまけ

おまけで、あと2つ練習に使えそうなコード進行を紹介します。

King Gnu – 白日
King Gnu – 白日

King Gnu白日のサビのコード進行を参考にした練習フレーズ。↓

Ⅵm → Ⅳ → Ⅴ → Ⅰ → Ⅲ7 → Ⅳ → #Ⅳm7(♭5) → #Ⅴdim
UVERworld – PRAYING RUN
UVERworld 『PRAYING RUN』

UVERworldPRAYING RUNのサビのコード進行を参考にした練習フレーズ。↓

Ⅳ△7 → Ⅲm7 → Ⅵm7 → Ⅴ → Ⅱm7 → Ⅴ7 → Ⅰ△7 → Ⅰ7

まとめ

さて。いかがだったでしょうか。

今回紹介したコードの押さえ方を覚えれば、おそらく分厚いコードブックを持ち歩く必要は無くなると思います。

 

もし仮に、今回の押さえ方だけでは物足りなくなってきたら、僕が今まで読んだ本の中では『6~5弦ルートのみから卒業!ギター・コード・ボイシング完全攻略!』がオススメです。

(2020年7月現在Kindle Unlimited 会員の方は、Kindle版を無料で見れるみたいです。↓)

では、よいギターライフを!

タイトルとURLをコピーしました