読みやすい文章を書く7つのポイント

ブログ

 

僕が「文章を書く時に気をつけているポイント」を7つまとめました。
使えそうな方法があれば、使ってみてください!

では、いってみよう!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

①結論を最初に書く。

結論から書くと、内容が伝わりやすくなります。

②一文を短くする。

長い文章は読みにくいです。

できるだけ一文を50文字以内に抑えます。

ちなみに、人が見た瞬間に知覚できるのは9~13文字までと言われます。

③主語と述語は近づけて使う。

主語述語は、近づけて使います。
長くなる場合は、文を二つに分けます。

【×訂正前 例】
トランプのマークは春はクラブ、夏はダイヤ、秋はハート、冬はスペード
といったように、それぞれ春夏秋冬を表しています。

【〇訂正後 例】
トランプのマークは春夏秋冬を表しています。
それぞれ春はクラブ、夏はダイヤ、秋はハート、冬はスペードを意味します。

④難しい言葉や表現を使わない。

不必要な専門用語や、難しい言葉は使いません。

基本的には、小学生でも分かる表現を心がけます。

⑤指示語(こそあど言葉)を使わない。

指示語はできるだけ使いません。

それ」・「これ」など。いわゆる「こそあど言葉

使う場合は、示す対象がはっきりと分かるようにします。

⑥二重否定を使わない。

二重否定は避けます。

例:「~できないこともない

⑦ミスがないかチェックする。

気を付けて文章を書いても、うっかりミスはあります。

そこで、以下の言葉↓をページ内検索してミスがないかチェックします。

  • という / といった / もの
  • こと
  • ましたが / ですが / が、
  • たり
  • ような / ように / など / くらい(ぐらい)
  • られる
  • ついて
  • これ / それ / あれ / どれ

ページ内検索のショートカットキーは、Windowsが「Ctrl + FMacが 「⌘(command) + Fです。

こちらのページから文章推敲支援ツールを使ってもいいでしょう。

原稿の推敲・校正・リライトを支援する8つの文章チェックツールを作りました!

という / といった / もの

文章が読みにくくなります。ほぼ使う必要はありません。

 

【×訂正前 例】
ハンバーガーやシュークリームといった食べ物は、逆さまにすると中身がこぼれにくくなり、食べやすいというわけです。

【〇訂正後 例】
ハンバーガーやシュークリームは、逆さまにすると中身がこぼれにくくなり食べやすいです。

こと

こちらの表現も文章が読みにくくなります。

 

【×訂正前 例】
豆腐を塩を加えた熱湯で下茹ですることによって、豆腐を崩さずに麻婆豆腐を作ることができます。

【〇訂正後 例】
豆腐を崩さずに麻婆豆腐を作るには、塩を加えた熱湯で豆腐を下茹でします。

ましたが / ですが / が、

接続詞の「」には、「順接」「逆接」の役割があります。
どちら意味で使われているかは、読み手が文脈から判断する必要があります。

したがって、特に長い文章での使用は避けるべきです。

「順接」の場合は「だから」、「そのため」、「したがって」
「逆接」の場合は「しかし」、「ところが」、「でも」などに置き換えます。

【×訂正前 例】
1948年5月14日にユダヤ人がイスラエルを建国しました、その翌日の1948年5月15日にアラブ諸国がイスラエルに攻め込み、第一次中東戦争が勃発しました。

【〇訂正後 例】
1948年5月14日にユダヤ人がイスラエルを建国しました。しかし、その翌日の1948年5月15日にアラブ諸国がイスラエルに攻め込み、第一次中東戦争が勃発しました。

たり

並列・列挙の意味で使用するときは、重ねて使います。
意外と忘れがちです。

【×訂正前】
昨日は友人とラーメンを食べたり、映画を見ました。

【〇訂正後】
昨日は友人とラーメンを食べたり、映画を見たりしました。
or
昨日は友人とラーメンを食べてから、映画を見ました。

ような / ように / など / くらい(ぐらい)

文章が煩雑になる可能性が高いので、できるだけ使用を避けます。

【×訂正前】
iPnoneのようなスマートフォンは~

【〇訂正後】
スマートフォンは~

※「スマートフォン」は、わざわざ「iPnoneのような」を入れなくても伝わるはずです。

られる

受け身表現」は、主語が分かりにくくなりやすいです。

【×訂正前】
~だと考えられます。

【〇訂正後】
~だと考えます。

※こちらの表現の方が、主語が「私」だと分かりやすい。

ついて

必要が無い場合が多いです。

【×訂正前】
新商品について紹介します。

【〇訂正後】
新商品を紹介します。

これ / それ / あれ / どれ

指示語は本当に使う必要があるのか吟味します。

使う場合は、明確に指示語が指し示す対象が分かるようにします。

よい文章を書きたい。

いかがだったでしょうか。

このサイトの音楽系記事は、専門的な内容が多いです。

だからこそ、内容の分かりやすさを意識して記事を書いています。

当然、僕の文章にもまだまだ改善の余地はあると思います。

ただ、今回は今までブログ記事を書く中で学んだ
読みやすい文章を書くポイント」をまとめてみました。 

少しでも参考になれば幸いです!では!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

タイトルとURLをコピーしました