言葉と意味

ブログ・思考

ふと思ったことです。

ひっそりと書いたので、読む人はひっそりと読んでください。

「言葉を疑う」という視点

色々な言動に対して「どうして?」「なぜ?」と理由をきかれたら、ある程度それらしい理由を語れる人がほとんどだと思います。

でも、「それを信用しすぎるのはどうなの?」という話です。


人間は、色々な判断を下す時に、論理的な理由・理屈を語ることが多いです。

しかし、よほど気をつけていない限りこれは自覚が無いただの後付けで、本当はただ単に「好きだから・嫌いだから」、「良いと思うから・悪いと思うから」などかなり直観的・非論理的にその判断を下しているらしいのです。

つまり、さまざま語られる”理由”の根底にあるものは「論理的で体系的でしっかりとした何か」ではなく

「喜怒哀楽など単純な情動」である可能性が高いわけです。

では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

人間の認知には偏り(バイアス)がある。

理由は、人間が「複雑な理由を前提に論理的に考える」ことしかできなければ、それはそれで都合が悪いからです。

複雑な理由を構成するためには情報をしっかりと集めないといけませんし、論理的な判断をするには脳に過大な負荷がかかり、結論を出すまでに多くの時間がかかってしまいます。

全ての情報に対して、全部そんな処理の仕方をしていては色々な不具合が出てしまいます。

特に、一瞬の判断が命を分けるかつての狩猟採集民時代にこんな負荷と時間がかかる処理をしていたら即死ですよね。

脳の負荷を抑制するため、問題に概ね正しそうな答えを即座に出す”ショートカット的な機能(ヒューリスティックス)”が必要になるわけです。

このような理由から、人間の認知には偏り(バイアス)が生まれるそうです。

確証バイアス・ハロー効果

たとえば、几帳面な人を見ると「A型でしょ!」みたいな血液型で相手の人間性を判断する人がいます。

もちろん、実際に「几帳面な人」には”血液型がA型の人”も、”そうでない人”もいるので、論理的に考えるとこの判断はおかしいです。

しかし、これは無意識のうちに自分に都合のいい情報(几帳面なA型の人存在)だけに注目してしまう確証バイアスという認知の偏り(バイアス)の一種で、脳が足りない情報に手っ取り早く理由をつけようとするために起こるものらしいです。

認知の偏りといえば、他にもイケメンや美人を見ると、性格や能力まで良く見える(ハロー効果)なども有名ですね。

このように、人間はバイアスという歪んだレンズを通してさまざまな物事を見てしまいます。

ですので、「言葉には論理的な意味はあまり無い」し、「人間の認知は偏りがある」という視点で色々なことを考えてみたいと思います。

(ある意味これも歪んだレンズかもしれませんが)

ディベートは「ディベートが強い人」が勝つ

ディベートといえば「あるテーマについて肯定と否定側に分かれて議論」をするものですが、

よほどのことがなければ、内容の正当性よりも、ただ単に「ディベートが強い人」が勝ちます。

もしくは権力を持っている人ということも考えられますが、今回はそれはつっこんで考えません。

「ディベートが強い人」とは

論理的な思考力に秀でていて、自分の主張を分かりやすく相手や観衆に対して伝えられる人です。

たとえば、

「これは、こうすれば上手くいく!」

自分の意見をはっきり分かりやすく言う人と

「このやり方だと上手くいくはずだが…、…そうでない可能性もある…かも…」

自分の意見に含みを持たせて言う人の

どちらの言っていることに、説得力や求心力があるかというと十中八九①前者です。

実際にどちらの内容に正当性があるかどうかはこれだけでは判断できないですが、大半の人は、無意識のうちに“態度”や”言い回しの尤もらしさ”から正当性の判断してしまいます。

正当性について

そもそも、本当の「内容の正当性」なんてあるのか?という疑問もあります。

この世の中には明確な答えのない問題がたくさんあります。

ポジショントークという言葉がありますが、基本的に人間は立場を完全に切り離して意見することは非常に難しく、自分の利益につながる内容が「正当性がある」ことであり、ほとんど場合この前提で話をします。

たしかに、露骨に自分のポジションの利益になる話ばかりをしていた場合は、多くの聞き手もそのことに気づきますが、「ディベートが強い人」は、上手く負の側面を隠しながら相手が納得できるように自分の意見を展開することができます。

“論理的であること”は、ある意味“自分のむき出しの意図や感情を上手くオブラートに包み込んで伝えられること“です。

良い悪いは別として、同じ内容でも言い方が違うだけで受け取り方が変わる経験は誰しもあるのではないでしょうか。

本人すらも気づかない本心

さらにここから踏み込んで

「実際に話している本人すらも、場合によってはどこまで自分の本心や意図であるか分かっていない場合も多いんじゃないか?」ということを考えたいと思います。

…人間は感情を言葉に変換して他人と共有します。

そして、言葉には意味を厳密に定義できないものがたくさんあります。

楽しい、美しい、苦しい、つらい、エモい… など

これらは、なんとなくみんなで意味を共有できているけど、使っている人の様子や文脈から、千差万別の感情を映し出せる言葉だと感じます。


…ここで、いきなりですが、『ジョジョの奇妙な冒険』というマンガに

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) | 荒木飛呂彦 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで荒木飛呂彦の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

プロシュートというキャラクターがいるのですが、このキャラクターのセリフに

「ブッ殺す」と心の中で思ったならッ!

その時スデに行動は終わっているんだッ!

荒木飛呂彦ジョジョの奇妙な冒険集英社 

というものがあります。

これは、このキャラクターの危ない人物像や、異質性を読み取れる印象的なセリフです。

このように、良質なマンガや映画などは、セリフや動きに対して(わかりやすく描写されているかどうかはさておき)しっかりと意味や意図を持たせている場合がほとんどです。

なぜなら、ページ数や時間など限られたリソースに無駄な情報を入れることは無意味だからです。


しかし、現実世界の人間はいつもそんな感じにはいきません。

たとえば、「死にたい」と言った人が、全員本当に文面通り“今すぐ死ぬ”、もしくは”死にたい”わけではないと思います。

このように、現実世界で語られる言葉は辞書的な意味に加えて、個人の複雑な感情が込められたものも多いのではないでしょうか。

ただ、一方で裏を返せば”複雑な感情”も元々は「喜怒哀楽など単純な情動」だと考えれば、結局は元々意味があるようで無いところから発生しているので言葉の意味や理由を追及していっても、 不毛ではないか?

と考えられるのではないか とも思います。

「論理的」の攻撃力の高さに気付かない危うさ 

現在は論理的に正しいことが尊重されるし、尊重されなかったとしても、暗黙の了解として論理的な正しさは価値を持っていることになっています。

実際に僕も、論理的に考えることは千差万別の感情や知識を他人と共有するために、少なくとも現在人間が持っている中では最良の手段の一つであると思っています。

しかし、

(今回の記事で僕の一番言いたい所、ここなんですけど)

たまに論理的であることが、論理的でない相手をめちゃくちゃにぶん殴っても良い免罪符のように感じる時があります。

つまり、論理的に正しいことが正当性を持つので、「論理というツールを上手く使えない人をボコボコにすることにも正当性がある」雰囲気を感じるということです。

もちろん、誰しも聖者ではないので、時には論理というツールを使って戦う必要がある場合もあるでしょう。

ただ僕は、これはあくまで現在”この攻撃手段と攻撃方法に正当性があるという暗黙の了解”があるだけで、「相手を攻撃していることには変わりない」ことに、無自覚な人が多いのでは?と思います。

たとえば

「あなたの行動は○○といった問題があり、許されない。なぜなら~」

みたいな話し方と、

「お前キモい。嫌い。」

みたいな話し方は、

前者にはそれなりの正当性を感じられそうですが、後者はあまり正当性を感じられません。

ただ、これを言わせている根源的な感情はそれぞれ果たしてどの程度違っているのでしょうか。

違和感を覚える言い回し

ここで、少し違和感を覚える論理展開というか…

表現が難しいのですが、そういったものについて感じたことを書きます。

「意見と人格を切り離して論理的に議論をするべき」 

議論をする時に「意見と人格を切り離して論理的に議論するべき」 

ということはよく言われますし、これは建設的な議論をするために必要そうであり、正当性を感じられます。

ただ、この言葉は場合によって攻撃手段にも使えるなとも感じます。

なぜなら、「意見と人格を切り離す」ことは誰しもが「やれと言われたからといって簡単にできるものではない」からです。そもそも、みんな自然とできていたらこんなこと言う必要ないですしね。

論理的に議論することは

「今から論理というルールに則ってお互い殴り合いをするよ」

という“前提”の上で

「意見と人格を切り離す」

という”受け身”がとれる人がやる スポーツ的な側面がある気がします。

ルールが分からずに受け身が取れない人にとっては論理的に追及されることは、ガードができないのに、ひたすら殴られ続けるようなものであるわけです。

そういう視点で見ると、心得が無く、受け身もできず、ひたすら論理で殴られている人は、反撃しようにも「反撃したい・相手を倒したい感情 論理でコーティングできないので、”機嫌を悪くする”など感情をそのままむき出しにして反撃するしかないわけです。

ここで

「意見と人格を切り離して論理的に議論するべき」

と言葉をかけるのは、ある種オーバーキルに思えてしまいます。

まぁ、ルールに則って勝つための一手としては鮮やかでしょうけど。

…なんというか…たしかに弱いとそこに付け込まれることもあるので、こういう”勝ち筋”というか…“力”“力を揮う選択肢”を持っておくことは必要だと思います。

ただ、あまりに「論理的=正しい」が当たり前のことになり過ぎて、”力を揮っている”こと自体を忘れてしまいそうになる時は無いでしょうか。

「人を○○で判断してはいけない」

これもよく言われる言葉です。

この言葉について思うのは

「人を○○で判断してはいけない」という論理を

実際に「人を○○で判断している人」を直接攻撃するために使うのはどうなの?

ということです。

この言葉は啓蒙的な使い方か、自分への戒めとして使う方が良い気がします。

なかなか難しいことだと思いますが。

「人を攻撃してはいけない」 

他にも○○してはいけない系つながりで「人を攻撃してはいけない」というものがありますが、この論理を使って「人を攻撃している人」を攻撃すると、ある種の矛盾や無限ループ状態に突入してしまう気がします。

そのために「人への攻撃」には表面上でも矛盾しないために「正義」とか「マナー」とか色々な差別化するアタッチメントみたいな概念があるのでしょうか…。

「人をバカにするヒマがあるなら○○した方がいいよ 」

人から言動をバカにされたときに反論として言う

「人をバカにするヒマがあるなら○○した方がいいよ」的な言葉です。

少なくとも僕の理解力では、「人をバカにした人」を、メタ的概念でバカにし返しているので結局は相手に対して同じことをしているのでは?

と思います。

つまり、

①最初に相手(A)は、自分(B)の言動に対して、なにかしら

「自分(A)の方が相手(B)より優れた考えや知識を持っていると示している(=バカにしている)」

これに対して

②自分(B)は相手(A)に対して「人をバカにするヒマがあるなら○○した方がいい」という

「自分(B)の方が相手(A)より優れた考えや知識を持っていると示している(=バカにしている)」

という構造になっているので

やっていること自体は変わらないのではないか…というか。

しかし、この言い回しを使っている人は、これに気付いているのか…?と思うことがあります。

やられたらやり返すことはいかなる時でも絶対ダメじゃないと僕は思いますけど、ともすればこの言い回しは「自分が相手に反撃をしていることすらも隠しながら反撃できる」言い回しである気がして。

そこら辺は少し…どうなのかなって思います。

これも難しい事ですが…

基本的には人からバカにされたら、

「人からバカにされたことを気にするヒマがあるなら○○した方がいいな」

と思えるようになりたいな。と思います。理想論かもしれませんけど。

おわりに

そういえば、ちいさい子どもに「なぜ○○をしたの?」とか

「なにが楽しかったの?」など理由をきいても上手く答えられない、もしくは循環論法的な答えが返ってきたりするときありますよね。

 例)
Q.なんであのおもちゃが好きなの?
A.好きだから!

もともと、人間が何かを語る理由とはこの程度であるのに、成長とともにこれらを上手く綺麗に飾り付ける方法を身に付けていき、いつしか飾り付ける前の中身がぼやけて見えなくなってしまうのかもしれません。

とはいえ、 “放たれた矢”のことばかり考えても、それもしょうがないことなのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました