プログラミング学習記録①【マジで何も分からない】

ブログ
みなさんこんにちは!クフルダモノーツのYoshito Kimura(k1mu)です!

「プログラミング をやりたいな…」とぼんやり思い始めたのが3年くらい前

実際にスキマ時間などを使って少しづつ勉強をし始めたのが、1年半くらい前です。

そんな僕の右も左も分からない状態からのスキマ時間プログラミング独学の記録です。

※ですので、表現がおかしかったり、内容が間違っていたりする恐れがあります。

勉強しようと思った動機

まず、僕が「プログラミングを勉強しよう」と思った理由は2つあります。

①「プログラミング」を理解できるようになりたかったから。

世の中には、音楽、数学、料理、スポーツなどいろいろな分野・話題があります。

どんな分野であっても専門的に深く理解することは難しい事だと思います。

ただ、その分野にあまり詳しくなくても、 (それが正しいかどうかはともかく)”ぼんやりとしたイメージを掴む“ことができるものも多い気がしていました。

 

しかし、当時の僕に「プログラミング」は、ぼんやりとしたイメージさえも掴むことが困難でした。

そこで、全く理解できない「プログラミング」 という概念を「理解できるようになりたい」と思ったわけです。

②身に付けると役に立ちそうだから。

もう一つの理由はこれです。

少し調べてみると、特定の作業を自動化できるようになるなど、「プログラミングを駆使してコンピューターを使うと色々と便利になるようだ」と感じました。

もちろん、既にプログラミングが出来なくても身の回りのIT機器やAIを使ったサービスから、ある程度恩恵は受けているのかもしれません。

 

しかし、「使っているテクノロジーが何であるかを理解した上で使えると、さらに良さそうだ」と思いましたし、

「ゆくゆくは便利なものが自分で作れるようになるのでは?」と考えたので、 「プログラミング」 を勉強しようと思いました。

マジで何も分からないプログラミング

こういう理由から 「プログラミング」 をやってみようと思ったはいいものの、

最初は 「なんかよくわからない文字列」を扱うくらいしかイメージが無かったので、何もかもが意味不明でした。笑

 

今もよくわからないことが多いですが、最初に僕がぶち当たった謎を紹介したいと思います笑

そもそも「プログラミングで何ができるのか」がよく分からない 。

「プログラミングをしたい」はダメ。「プログラミングで何がしたいか」が問題。

プログラミングをやっている人たち

最初にプログラミングについて調べたり、プログラミングをやっている人に「プログラミングをしたい」と相談したときに、よく耳にした意見がこれです。

振り返ってみると「プログラミングは手段であり目的ではない」と伝えたかったのだと思います。

 

しかし、「プログラミング」がどんなものか分からず、具体的に何ができるのかもよく分からない状態で 「プログラミングで何がしたいか?」 と言われても

正直、「謎は深まるばかり…」という感じでした。笑

プログラミング = コンピューターに命令を書くこと

勉強をしていくと、 「プログラミング」とは、「プログラミング言語(コンピューターに理解できる文法)を使ってコンピューターに命令を書くこと」だと分かってきました。

 

また、これがいわゆる「よくわからない文字列 」に見えていたことも分かりました。

そして、そのような方法でコンピューターに命令を書くことで、

このブログ(ウェブサイト)などの見た目を作ったり、

アプリ(アプリケーション)を作ったり、

ゲームを作ったり、

結果的にはコンピューターを使ってしていることは全て?ほぼ全て?

できそうだということが分かってきました。

…だが、まだまだ先は長い!

追記

②を書きました。

タイトルとURLをコピーしました