「なぜ勉強をするのか?」と聞かれたら【勉強をするべき14の理由】

ブログ

なぜ勉強をしなくちゃダメなの?

勉強になんの意味があるの?

みたいな質問・疑問をよく耳にします。

 

…実際には、本当に勉強する理由を知りたいわけではなく
勉強をするつらさに対する共感や応援を求めている場合も多い気もしますが。

たとえそうだったとしても、ある程度納得できる「勉強する理由」を見つけられれば、
勉強のつらさが少しは軽減されて頑張れるかもしれません。

 

僕は「勉強する理由」を収集するのが わりと趣味だったので
今回、誰かの参考になればと思って

「勉強をしないと大変な目にあうぞ」系

「実は勉強は楽しい or 余裕」系

「役に立つから」系

三つのカテゴリーに分けて「勉強する理由」をまとめてみました。

 

ちなみに、一口に「勉強」といっても
学校の勉強=勉強」とする場合もあれば
全ての学び=勉強」とする場合もあります。

この記事では、どちらの意味の「勉強」についても触れているので
今の自分に使えそうな考えを持って帰ってください。

では、いってみよう!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

「勉強をしないと大変な目にあうぞ」系

まずは、恐怖によって奮い立たせる視点。

そして、わりと子どもに勉強をさせようとする親などが使いがちな論理展開です。

 

基本的にはポジティブな理由で勉強に取り組めないと
いざ恐怖が無くなった時に勉強しなくなる可能性が高いです。

したがって、「説得」に使う場合は注意が必要だと思います。

①勉強しないと良い職業につけない

何を「良い職業」とするかは個人差があると思います。
しかし、「危険だったり、賃金の低かったりする仕事」に就きたい人は少ないでしょう。

この論理展開は、「勉強をしないとそういう仕事しか選べなくなる」という脅しです。

 

ただ、この論理にはさまざまなエクスキューズがつくと思います。

たとえば、賃金が高くて危険性が低くても精神的に追い込まれる職業もあります。

また、賃金に関しても「価値」は、希少性ブランディングによって変わってくるので、
「学校の勉強」を頑張ればイコールで”良い職業“に就けるわけでないはずです。

だからといって、この論理は「全くの嘘」でもないでしょう。

②「学校の勉強」もできない人に何ができるのか

「学校の勉強が何の役に立つの?」という人が居ますが、
むしろ、「学校の勉強もできない人が何の役に立つのですか?」

学校の勉強(特に高校くらいまで)は、それなりの答えがあり体系化された知識を学びます。

しかし、世の中には答えがない問題が溢れているので、
体系化された知識すら修得できない人に何ができるのか」というエッジの効いた論理展開です。

ただ、個人的には人間は得意不得意があるので、必ずしも学校の勉強ができないからと言って役に立つ人間になれないわけでは無いと思います。

③「勉強しなくても大丈夫」と言っている人には「生存者バイアス」がかかっている。

反対に、世の中には「私は勉強はできなかったけど成功できたよ」と言う人がいます。

しかし、これは「生存者バイアス」という認知の偏りにまみれた意見なので、

「じゃあ自分も勉強しなくても大丈夫か」となる前に一考の余地ありです。

生存者バイアス」は何らかの選択過程を通過できた人・物にのみを基準として判断を行い、通過できなかった人・物は見えなくなるためそれを見逃してしまうという誤謬である。

映画俳優、スポーツ選手、ミュージシャン、学校を中退した数十億ドル規模の企業のCEOなど、夢を追い求め競争に打ち克った人々の話が、メディアではよく取り上げられる。

才能を持っているが、本人の力ではどうすることもできない要因
(一見して)ランダムな他の出来事のために
成功を見出すことができない多くの人々に焦点が当てられることは、それよりもかなり少ない。

これは、能力を持ち努力をすれば誰でも素晴らしいことを達成できる
という誤った認識を生み出す。

世間の目には、圧倒的多数の失敗は見えず、
競争環境の選択的圧力を乗り切った人々だけが定期的に見られる。

生存者バイアス

つまり、結果的に成功できた人は「私は勉強はできなかったけど成功できたよ」
他の人に伝えられる立場になれますが、

反対に失敗した人は「私は勉強できなかったから失敗したよ」
他の人に伝えられる立場にならないわけです。

④無知であると損をする。

これは、有名な漫画「ドラゴン桜」でも語られている論理です。

ドラゴン桜の論理

「お前らこのままだと、一生騙され続けるぞ。
社会にはルールがある。その上で生きて行かなきゃならない。
そのルールってやつは、全て頭の良い奴がつくってる。

つまりどういうことか。

そのルールは全て、頭の良い奴に都合のいいようにつくられてるってことだ。

逆に、都合の悪い所は わからないように上手く隠してある。
だが、ルールに従う者の中でも、賢い奴は そのルールを上手く利用する。

例えば、税金。年金。保険。医療制度。給与システム

みんな、頭の良い奴がわざと分かり難くして、
ろくに調べもしない頭の悪い奴らから多く採ろうという仕組みにしている。

つまり、お前らみたいに、頭を使わず、面倒臭がってばかりいる奴らは、
一生騙されて高い金払わされ続ける。

賢い奴は、騙されずに得して勝つ。バカは騙されて損して負け続ける。

これが、今の世の中の仕組みだ。だったら騙されたくなかったら、
損して負けたくなかったら、お前ら、勉強しろ!」

ドラゴン桜

僕も、昔初めて聞いた時は「なるほどなぁ」と思いました。

「役に立つから」系

次は、「勉強って役に立つし、お得だからやっとけよ!」という視点です。

⑤「人類の英知をいい感じに圧縮したもの」を、10年前後で学べる

人類が数千年積み上げてきた知識や技術のうち、
比較的汎用性の高いものを約10年で学べるのが、学校の勉強です。

もちろん、技術の移り変わりが激しい現代では
それ本当に学校でやる必要あるの?」という内容もあります。

しかし、少なくとも「読み書きそろばん」に準ずる内容は
どんな分野にもそれなりに役に立つでしょう。

また、現代では「先人が歩いた道」や「天才が人生を捧げて発見したもの」を、
インターネットや本で簡単に知ることができます。

こう考えるとなんだかワクワクしませんか?

⑥「学校の勉強」は報われる確率が高い

スポーツや芸能など、一芸に秀でると大きな評価を得られる可能性があります。

しかし、それは上位数パーセント分野によっては1%以下の話だとも言われます。

一方、学校の勉強の場合、難関大学と呼ばれる大学への進学率が10%ぐらいなので、
上位一割くらいに入ればそれなりの評価を受けることができます。

芸事も勉強も、頑張ったからみんながみんな報われるとは限りませんし、
難関大学に入ることが良いのかどうかも人によると思います。

しかし、他の分野に比べると報われる確率が高く、汎用性もあるのが学校の勉強です。

もちろん、学校の勉強をしながら芸事にも打ち込むというスタイルもありだと思います。

⑦将来の選択肢が広がる

10000円を持っていたら、10000円のものも、500円のものも買えます。

しかし、500円しか持っていなかったら500円のものしか買えません。

これはあくまでも例えですが、学校の勉強に限らず

「色々な知識を持つことは、人生の選択肢を広げることになる」という視点です。

⑧早めに知識を身に付けると、長い間その恩恵を受けられる

たとえば、10ダース分の鉛筆は全部で何本か数えたいとき (※1ダース=12本)

 

掛け算を知っていれば 12 × 10 = 120

瞬殺です。

 

しかし、足し算しか知らなければ

12 + 12 + 12 + 12 + 12 + 12 + 12 + 12 + 12 + 12 = 120

のように計算しなければなりません。

 

足し算も知らなければ、

120本全部順番に数える必要があります。

 

そして、数の数え方を知らなければ、

数えられる人を探して頼まなければいけません。

 

このように持っている知識で、問題を処理するためのコストやスピードは格段に違ます。

そして、色々な知識を早い段階で身に付けると、残りの人生ずっとその恩恵を受け続けられます。

こう考えると一刻も早く勉強をした方が得すると思いませんか?

 

もちろん、反対に「○○歳になったから遅い」わけではありません。

 

物事に取りかかるべき一番早い時は、あなたが「遅かった」と感じた瞬間である。

という言葉もあります。
誰しも「今日」が残りの人生で一番早い日です。

⑨普通に役に立つ

○○がどう役立つの?」という問いに対してわりと身も蓋もない答えですが。

国語、数学、理科、社会、音楽、美術、体育などなど…。
どの教科の知識も、さまざまな場面で普通に役に立ちます。

したがって、勉強が何の役に立つか分からない場合
学んだ知識をどうやって問題の解決に応用するか」という
メタ的な思考が欠けているだけかもしれません。


そもそも「教科の分類」は勉強をしやすくするためのカテゴライズです。

実際にはそんな境界線は存在しません。

「サイエンスは一つのものです。物理学をやるにしても、他の多くの部門の知識が必要です。自分の専門以外のことをちっとも知らなかったために、回り道をしたりして、つまらぬ損をすることは少なくありません。けっしてフィールドを狭くしてはいけません」

寺田寅彦

僕は音楽やっていますが、「教科の線引きでは音楽ではないもの」が非常に役に立っています。

パッと思いつくものだけでも、このくらいあります。↓

  • 国語→ 歌詞を書くため、情報を得るために役立つ。
  • 数学→ そもそも音楽は数学的なシステムの上に成り立っている。
  • 社会→ 音楽史を学ぶ時に役立つ。
  • 理科→ 「音」は物理現象。
  • 英語→ 英語の方がインターネットに情報量が多い。
  • 美術→ アートワークやミュージックビデオを作れる。
  • 体育→ 楽器演奏は体の動かし方が重要。また、創作活動は健康な肉体から。
  • 情報→ コンピューターが使えるおかげで一人で作曲ができる。

⑩知識は奪えない

人が生きている限り、奪うことが出来ないものがある。それは知識である。

ユダヤの格言

長い間、土地を奪われ、国から国へと追われたユダヤ人の歴史を学ぶと「なるほど」と思える言葉。

モノは奪われる可能性がありますが、知識を脳内から直接奪われることは(少なくとも現代の技術では)ないですよね。

「実は勉強は楽しい or 余裕」系

最後は、「勉強はつらい」と思っているけれど、「それは本当なのか?」という視点

⑪できるようになれば好きになるんじゃないか

勉強がきらいなのは、「できないから」ではないでしょうか。

つまり

できない→きらい→やらない→できない… のループに陥っているわけです。

たとえば、数学が不得意な原因が実は「小学生のときに、他のクラスメイトより少し計算が遅かったから」という場合もあり得ると思います。

後から振り返れば些細なことでも、当時は大きなきっかけになり得るものだったのでしょう。

この悪いループをどこかで

できる→すき→やる→できる… 

の良いループに移行できれば、
あとはこの良いループに身を任せるだけで苦労せずとも勉強に取り組める人になります。

騙されたと思ってどこかで気合いを入れて頑張ってみると、楽しくなることもあると思います。

東進 講師紹介 – 英語 – 渡辺 勝彦先生

「好き/嫌い」っていうのは実はかなりいい加減。
結局はな、情報量の多い・少ないで決まってくるんだなぁ。

~(中略)~

「英語嫌い」と言ったくせしてな
なんと、情報量が増える中で、成績が伸びてくる中で大学で英語を専攻してしまった
それどころかな、英語嫌いだったくせして何と”英語の教師になっちゃった!
というやつもいるからな。

この俺だな。

渡辺 勝彦

もちろん、これは学校の勉強に限ったことではありません。

僕も、音楽を作るとき「ミックス」という作業が最初は全く好きではありませんでした。
しかし、それなりにできるようになってからとても楽しくなりました

⑫自分に合わない難易度をプレイしているから面白くない。

世の中には、いろいろな人気ゲームがあります。

人気ゲームの面白さの理由の一つに
難易度が”簡単すぎず、難しすぎない絶妙なレベル”に調整されている点」が挙げられます。

難しすぎるゲームはやる気が無くなりますし、
簡単すぎるゲームもすぐ飽きてしまいますよね。

僕たちは

ちょっと頑張ったら越えられる絶妙なハードル

乗り越えたときに達成感を得てゲームにハマっていき
ハマることで操作も上手くなるわけです。

 

学校の勉強も、基本的には概ね学年に合わせた難易度設定はされています。

ただ、ゲームと義務教育が大きく違うのは、
クリアできなくても次のステージに進む」ことです。

特に数学や理科は勉強内容を積み上げていくので
どこかで躓いてしまうと、その先ずっと躓きっぱなし」状態がよくあります。

躓いたまま高校生あたりまでいくと、まるで
ポケモンで最初のジムリーダーにまだ勝てていない人が、
ポケモンリーグの四天王に挑むような状態です。

特に学生時代は「周りと比べてレベルを下げて勉強し直すとかカッコ悪い」
と思ってしまう人もいると思います。

しかし、自分にあったペースと難易度でプレイする姿勢も大切ではないでしょうか。

⑬脳の発達には差がある

人間の発達スピードには個人差があります。

したがって、能力の発達が遅れによって、
特定の分野に苦手意識を持ってしまうこともあるようです。

僕は脳科学の専門家ではないので詳しいことまでは分かりません。
しかし、人間の脳は、大体25歳前後で発達が完了するらしいです。

したがって、学生時代は苦手できなかった教科に大人になってから取り組むと
意外とスムーズに学習できる可能性もあるようです。

⑭「世界の見え方」が変わる

僕は写真について勉強してから、
太陽光の佇まい」や、「身の回りのものの美しさ」に気付けるようになりました。

今まで視界に入っていたはずのものが、違って見えるようになったのです。

他にもプログラミングを勉強してからは、
身の回りの事象を数値で置き換える方法」を考えるようになりましたし、

音楽をやっているので音楽を聴くとき、
楽器をやらない人に比べて楽曲からたくさんの情報を汲み取れているような気がします。

 

このように勉強で「日々の生活が豊かになる」という考え方です。

なぜ勉強するのか

さいごに

じゃあ、「ひたすら勉強するのが最善か」と言えばそれも違うと思います。

人間に与えられた時間は有限なので「その知識を身に付けるためにかかる時間」、
自分の得意・不得意」、「時流との相性」などをよく考えて総合的に決断を下す必要もあります。

逆説的に、こういう問題を上手く考えるために「勉強が必要」という視点もあるでしょう。

 

そして、ある意味「勉強するか・しないか」を
はじめとした人間の行動原理は、気持ちの持ちようの部分があると思います。

つまり、「何が正しいか」ではなく、
「現在の状況と照らし合わせて自分が有利な行動をするために
どんな思想アタッチメントを付けるべきか?」ということです。

ただ、色々な考え方がある中で、なんとなく
何からでも学び取ってやろう」という姿勢は持っていて損はしないかもな…とも思います。

 

タイトルとURLをコピーしました